【INDY】2013第3戦ロングビーチ:フランキッティが今季初PP、琢磨は4番手を獲得!

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のIZODインディカー・シリーズは早くも第3戦が開幕。カリフォルニア州のロングビーチ市街地コースで現地時間の20日(土)公式予選が行われ、ダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)が今季初、通算30回目のポールポジションを獲得した。

3ラウンド・ノックアウト方式で行われた公式予選。フランキッティは順調にファイナルステージに進出するとソフトコンパウンドのレッドタイヤでタイムアタック。1分07秒2379をマークし、王者ライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)に0.0555秒差で競り勝って今季初のポールポジションを獲得した。

©INDY CAR
©INDY CAR

ダリオ・フランキッティ コメント
「今日獲得したポールポジションにはとても大きな意味があります。バーバー・モータースポーツパークでの第2戦では、私たちのマシンは速かったのですが、予選は苦戦を強いられました。そこから一転、第3戦ロングビーチでの私たちは予選用のマシンも速いものに仕上げることができ、マシンが持つ力をフルに引き出すことができました。Hondaのエンジニアたちがハードワークを続け、エンジンのパフォーマンスも大きく向上しています。今のインディカーの実力伯仲ぶりには目を見張るものがありますが、そのような激しい戦いの中でポールポジションを獲得できたことを誇りに思います」
(HondaRacingリリースより)

©INDY CAR
©INDY CAR

また日本期待の佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)は先週日本でスーパーフォーミュラ開幕戦にスポット参戦した後すぐにアメリカに戻っての参戦と、ハードスケジュール。土曜午前のプラクティスまではタイムが伸び悩んでいたが、セッティングを細かく変更して臨んだ予選では見事ファイナルステージまで進出。トップとは0.3秒差の4位につけた。

佐藤琢磨コメント
「プラクティス3ではマシンのバランスが思い通りにならずに苦しみましたが、予選に向けてはソフトタイヤ使用に合わせてセッティングを調整し、それが大変うまくいきました。チームが本当にすばらしい仕事をしてくれています。ロングビーチでの予選4番手は自分にとってベストです。レースに向けては、明日のファイナルプラクティスで最後の確認、そして調整を行いたいと考えています」
(HondaRacingリリースより)

開幕戦に続いて好位置につけた佐藤琢磨。日本時間の22日(月)早朝に行われる決勝レースでは、自身初のインディ優勝を目指す。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る