【SGT】2014第1戦岡山:決勝日フリー走行はウエット。D’Station ADVAN GT-Rが速さを見せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第1戦岡山は決勝日の朝を迎えた。舞台となる岡山国際サーキットには、昨日を大きく上回るファンが来場し、ゲート前ではパスチェックの列ができるほど。またリニューアルされたグランドスタンドにも各メーカーの応援団をはじめ多くのファンが集まり、盛り上がりをみせている。

 早朝は太陽が顔を出していたサーキットだったが、フリー走行開始直前にみぞれ混じりの雨が降り始めるなど荒れたコンディション。しかし、ほんの通り雨程度ですぐに晴天に戻ったが、路面上は濡れており、WET宣言が出された中でのフリー走行となった。

 実質的にハーフウエットのコンディションで速さを見せたのがヨコハマタイヤを装着するD’Station ADVAN GT-R(ミハエル・クルム/佐々木大樹)。1分28秒638を記録。2位につけた昨日のPPであるENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也/国本雄資)に0.8秒もの差をつけ、ウエットでは強いということをアピールした。

 GT300クラスはGAINER Rn-SPORTS SLS(植田正幸/山内英輝)がトップ。こちらも濡れた路面でダンロップタイヤが速さをみせた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また、フリー走行後には恒例のサーキットサファリが行われ、専用チケットを購入したファンがバスに乗ってサーキットへ。間近を疾走していくSGTマシンに興奮していた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る