【FR2.0】笹原右京、Fルノー2.0NEC開幕戦で初の2位表彰台を獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©UkyoSasahara

 2014 年シーズンのフォーミュラ・ルノー2.0 NEC(FR2.0 NEC)開幕大会は、4 月11〜13 日にF1 イタリアGPの開催地でもあるモンツァで実施され、ユーロ・ノヴァ所属の笹原右京(ささはら うきょう/17 歳)はレース1 で、フォーミュラカー・レース転向後では初めてとなる2 位表彰台を獲得しました。

 本大会にはFR2.0 でも上位シリーズに相当するフォーミュラ・ルノー2.0 ユーロカップ(FR2.0 Eurocup)のドライバーが大挙参戦し、参加台数は最終的に32 台にも上りました。4 月11 日(⾦)の予選前に実施された練習⾛⾏(45分間×2 回)では、1 回目が3 番手で2 回目が8 番手でしたが、これはライバルの多くが新品タイヤを履いてタイムを出しに⾏った一⽅、笹原は程度の良い中古タイヤで臨んだためでした。

 同日の予選1 回目(20 分間)、満を持して新品タイヤを履いた笹原は、1 分50 秒335 を記録してポールポジション獲得なるかと思われました。ところが、残り1 分の時点で逆転されて惜しくも2 番手でした。5 分のインターバルを挟んでの予選2 回目(20 分間)、再び新品タイヤを履いた笹原は予選1 回目のタイムを上回る1 分49 秒783 をまずは記録し、さらなるタイム短縮を狙ったものの不運にも渋滞に阻まれて4 番手でした。

 4 月12 日(土)のレース1 決勝(25 分間+1 周)、2 番グリッドの笹原はスタート直後の第1 コーナーで3 番手へ順位を落としました。しかし、激しい戦いの末にすぐさま2 番手を奪還し、さらには先⾏する⾸位のドライバーを追い詰めました。一騎討ちとなったレースで笹原は0.822 秒の僅差で優勝を逃しましたが、シーズン開幕早々に2 位表彰台と素晴らしい成績を残しました。

 4 月13 日(日)のレース2 決勝(25 分間+1 周)、4 番グリッドの笹原は第1 コーナーで5 番手へ順位を落としました。しかし、すぐさま反撃態勢に移った笹原はコース終盤の直線で先⾏⾞両に並び、続くコーナーで頭ひとつ抜け出て4 番手を奪還。ところがその直後、抜き返したドライバーに追突されてスピン。クルマに大きなダメージを負った笹原は、残念ながら戦列に復帰が叶わずリタイアに終わりました。なお、FR2.0 NEC の第2 大会は5 月23〜25 日に、F1 イギリスGP の開催地でもあるイギリス・シルバーストンで実施されます。

■笹原右京のコメント
「1 回目の練習⾛⾏は中古タイヤを履いて、ブレーキングポイントやマシンの確認を⾏いました。タイムは3 番手でしたが、トップとの差は小さかったので問題ありませんでした。2 回目の練習⾛⾏は引き続き1 回目の練習⾛⾏で履いた中古タイヤを使い、グリップが良くなる予選に向けてアンダーステアを消す⽅向にクルマを調整しました。タイムは8 番手でしたが、ライバルたちは新品タイヤを早くも投⼊していたので、予選に向けてはまったく不安を感じませんでした」

「予選1 回目は渋滞を避けながらで最高のタイミングではありませんでしたが、タイムアタックが決まってポールポジションが取れそうでした。しかし、最後の最後に逆転されてしまい残念でした。クルマはブレーキング時にリアが不安定になる症状が出ていたので、それをインターバルの間に調整しました。予選2 回目に向けてマシンはさらに良くなりましたが、再び渋滞に悩まされて思うようなタイミングでタイムアタックができず、自分のパフォーマンスを100%発揮できませんでした」

「決勝のレース1 では、フォーミュラカー・レース転向後では初めて表彰台に⽴ちました。嬉しさの一⽅で、もう少しで優勝に手が届いたと思うと悔しさも感じました。決勝のレース2 は、1 周することもなくあっけなく終わってしまいました。ストレートエンドでは完全に前に出ていたのですが、コーナーの途中で僕のクルマの左リアにぶつかってきました。衝撃はさほど大きくなかったので、スピンしながらも早くコースへ復帰しようと試みました。しかし、クルマの左リアサスペンションが大きく壊れていて、残念ながらリタイアを決断するしかありませんでした」

「この大会にはユーロカップのドライバーも多く参戦していましたが、その激戦の中でも予選では2 回ともトップクラスのラップタイムを残せました。決勝はレース2 こそリタイアでしたが、レース1 ではしっかりと表彰台に⽴てました。もし今季、僕が上位シリーズのユーロカップに参戦していても十分に戦えるという自信が持てました。その一⽅で、だからこそ僕が主戦場とするNEC では必ずチャンピオンを取らなくてはいけないという良いプレッシャーも感じ、気を引き締めました。今季もご声援とご支援をよろしくお願い致します!」

©UkyoSasahara

[記事/コメント:笹原右京リリースより]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る