【SGT】2014第2戦富士:GT300クラスはB-MAX NDDP GT-RがPP!JAF-GT勢も肉薄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第2戦FUJI GT500km RACE。GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ルーカス・オルドネス)が今季初のポールポジションを勝ち取った。

 14時00分から始まったQ1では、JAF-GT勢が速さをみせる。まずは昨年の第2戦で優勝したNo.31 OGT Panasonic PRIUS(新田守男)がトップに躍り出ると、残り5分を切ったところから白熱したタイムアタック合戦に。No.11 GAINER DICXEL SLS、No.9 国立音ノ木坂学院NACポルシェ with DRもトップに迫る走りをみせるが、最終的にQ1トップ通過を果たしたのはNo.55 ARTA CR-Z GT(小林崇志)だった。

 またQ2進出圏内となる13位争いでは、僅かの差でNo.88 マネパ ランボルギーニ GT3(織戸学/青木孝行)がノックアウト。これには名手織戸も悔しそうな表情をみせた。

 続くQ2は13台での争い。これまではウェイトハンデの影響もあり息を潜めていたBMW勢が躍進。No.4 グッドスマイル初音ミク Z4(谷口信輝)、No.7 Studie BMW Z4(荒聖治)と好タイムを叩き出す。しかし、ここで他を圧倒するスーパーラップを披露したのはNo.3 B-MAX NDDP GT-Rのルーカス・オルドネスだった。ゲームのGTアカデミー出身で今季デビューした異色のドライバーだが、その才能を存分に発揮し、1分37秒841を記録。これには誰も届かず、そのままチェッカーフラッグ。今季初のポールポジションを獲得した。

 2位以下は残り30秒を切ってからタイムの塗り替え合い。Q1でトップだったNo.55 ARTA CR-Z GT(高木真一)が1分38秒188で2位に上がると、連続でタイムアタックを続けていたNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太)が1分37秒841で2位へ。ストレートスピードに定評があるFIA-GT3勢にJAF-GT勢が意地を見せる形となった。

 結果的に3号車のGT-Rが速さを見せたが、タイム的にはライバルたちとほぼ同じ。明日は500kmと長丁場のレースということもあり、おそらく大波乱の展開になることは間違いないだろう。

 注目の決勝レースは、4日14時00分から行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る