【SGT】2014第2戦富士:(途中経過速報)スタート直後から大波乱の展開!!12号車インパルGT-Rがトップをキープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014SUPER GTの第2戦FUJI GT500kmRACEの決勝レースがスタートした。今日も晴天に恵まれ、グランドスタンドが満員となった富士スピードウェイ。予定通り14時00分からスタートが切られた。

 GT500クラスはポールポジションのNO.12カルソニックインパルGT-Rが抜群のスタートを決めてトップをキープ。GT300クラスもNo.3NDDP GT-Rがトップを守った。

 ところが4周目に入ったところで88号車のマネパランボルギーニがホームストレートで他車と接触し、スピン。減速しきらないままガードレールに激突した。幸いドライバーの青木孝行は無事にマシンを降りたが、マシン回収とパーツ回収のためセーフティカーが導入。

 10週目でレースが再開されるが、今度はNo.46 S Road MOLA GT-Rが突如炎上。ドライバーが乗り込んでいる左側のエンジンルームから炎が上がったため、ドライバーの状態が心配されたが、乗り込んでいた本山哲は無事に脱出した。

 これにより再びSCが導入されるという大波乱のレース。この間に後方から追い上げるホンダ勢がピットに入り戦略を変えてきた。しかし、序盤にはNo.17ケーヒンNSXがトラブルでストップ。30周過ぎにはNo.100レイブリックNSXもストップするなど苦しい展開になっている。

 後方で大きな混乱がある中、GT500ではインパルGT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが着実にリードを広げ独走中。42周を終えたところでピットに入り安田裕信にドライバー交替した。

またGT300クラスは2度目のSCでNDDP GT-Rもピットインを決断。これでトップはNo.31プリウスとなったがNo.2マクラーレンMP4/12cが追い上げトップを奪っている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る