【WEC】日産が2015年からのル・マン24時間参戦を正式発表!「GT-R」の名を冠したマシンでLMP1クラスに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 5月23日、ファンや関係者の間で「GO NISSAN!」と呼ばれているこの日。日産は、2015年からル・マン24時間耐久レースへのワークス参戦を発表。また同年のWEC(世界耐久選手権)にも2台体制で参戦予定。今回は参戦マシンのお披露目はなかったものの、その名称は「NISSAN GT-R LM NISMO」となることも決定。日産の血統を受け継ぐ伝統ある名前が来年、サルト・サーキットを駆け抜けることになる。

 数日前から「重大発表がある」と日産の公式TwitterやFacebookなどで告知され、発表の模様はUSTREAMでも生中継配信。日本でも多くのファンや関係者が、その様子を見守った。

 日産のル・マン挑戦は1999年以来。過去にはグループCカー時代の1990年にR90CKで日本車初のポールポジションを獲得、またGT-1クラスで争われた1998年には専用開発したR390で参戦。メルセデスベンツ、BMW、トヨタ、アウディといった強豪ワークスがひしめく大激戦となったが、星野一義/鈴木亜久里/影山正彦の日本人トリオが3位表彰台を勝ち取る偉業を成し遂げた。

 2000年以降は新しくCEOに就任したカルロス・ゴーン氏の意向により撤退していたが、2012年にデルタウイングとの共同プロジェクトが発足。その年からル・マン24時間で新しく導入された「ガレージ56」という新しい技術をプロモートするための特別枠で参戦。日本でも活躍する本山哲、ミハエル・クルムらが乗り込んだが、途中他車との接触によりリタイアとなった。なお今年のル・マンにもガレージ56から、デルタウイングを進化させた「NISSAN ZEOD RC」で参戦。ドライバーはルーカス・オルドネス、ウォルフガング・ライブ、本山哲の3人になることも明らかにされた。

 現在のWEC最高峰クラスであるLMP1はアウディ、トヨタの2大ワークスによる一騎打ちとなっていたが、今年からポルシェも参戦し競争が激化。そこに日産が加われば、さらに見応えあるトップ争いになることが期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る