【WEC】日産が2015年からのル・マン24時間参戦を正式発表!「GT-R」の名を冠したマシンでLMP1クラスに挑戦

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 5月23日、ファンや関係者の間で「GO NISSAN!」と呼ばれているこの日。日産は、2015年からル・マン24時間耐久レースへのワークス参戦を発表。また同年のWEC(世界耐久選手権)にも2台体制で参戦予定。今回は参戦マシンのお披露目はなかったものの、その名称は「NISSAN GT-R LM NISMO」となることも決定。日産の血統を受け継ぐ伝統ある名前が来年、サルト・サーキットを駆け抜けることになる。

 数日前から「重大発表がある」と日産の公式TwitterやFacebookなどで告知され、発表の模様はUSTREAMでも生中継配信。日本でも多くのファンや関係者が、その様子を見守った。

 日産のル・マン挑戦は1999年以来。過去にはグループCカー時代の1990年にR90CKで日本車初のポールポジションを獲得、またGT-1クラスで争われた1998年には専用開発したR390で参戦。メルセデスベンツ、BMW、トヨタ、アウディといった強豪ワークスがひしめく大激戦となったが、星野一義/鈴木亜久里/影山正彦の日本人トリオが3位表彰台を勝ち取る偉業を成し遂げた。

 2000年以降は新しくCEOに就任したカルロス・ゴーン氏の意向により撤退していたが、2012年にデルタウイングとの共同プロジェクトが発足。その年からル・マン24時間で新しく導入された「ガレージ56」という新しい技術をプロモートするための特別枠で参戦。日本でも活躍する本山哲、ミハエル・クルムらが乗り込んだが、途中他車との接触によりリタイアとなった。なお今年のル・マンにもガレージ56から、デルタウイングを進化させた「NISSAN ZEOD RC」で参戦。ドライバーはルーカス・オルドネス、ウォルフガング・ライブ、本山哲の3人になることも明らかにされた。

 現在のWEC最高峰クラスであるLMP1はアウディ、トヨタの2大ワークスによる一騎打ちとなっていたが、今年からポルシェも参戦し競争が激化。そこに日産が加われば、さらに見応えあるトップ争いになることが期待される。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る