【SGT】2014第3戦オートポリス:予選ポールポジション 記者会見コメント

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

No.23 MOTUL AUTECH GT-R
松田次生
「朝のフリー走行からクルマの調子がよくタイヤの感触も良かったです。予選Q1は路面状況に合わせてセッティングを変えたらアンダーステアの症状が出てしまったんですが、Q2でそこを直せれば速いタイムは出せるとチームとクインタレッリ選手に伝えました。そしたら素晴らしいタイムでPPを取ってくれたので良かったです。今日の結果は良かったですが、明日のレースも長いですし、決勝のほうが重要なので、また気を引き締めて臨みたいです。」

ロニー・クインタレッリ
「松田選手からもあったように全体的に調子がよく予選でのポールポジションの自信はあった。でもQ1で他のGT-R勢も速いタイムを出していたので、相当頑張らないといけないなと感じていました。インターバルの間にチームと話して再度セッティングを詰めて、Q2ではベストではなかったけど良いタイムを狙えるクルマに仕上げることができました。明日のレースは、暑くなると思うのでタイヤマネジメントが重要になると思う。簡単なレースにはならないだろうけど、優勝目指してプッシュします。」

No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT
井口卓人
「メーカーテストの時からクルマが調子よく、今回のオートポリスの路面にミシュランタイヤがマッチングしてくれて最高の結果を出すことが出来ました。今回は地元ということもありますし、スバル応援席に加えて井口卓人応援シートも作っていただけました。明日はたくさんのお客さんに来ていただけるので、簡単なレースにはならないかもしれないですがBRZがトップでチェッカーを受けれるように頑張ります。」

佐々木孝太
「昨年は年間最多PPで記録を作れましたが、今回はGT300での通算PP記録を作れて良かったです。ただ昨年もそうだったんですが、PPを取りに行こうとしているわけではなく、レースで勝つためにはどういうレースをしたらいいかを考えながらクルマのセットアップをしてきました。なので、正直おまけみたいな感じで今回もPPをとれたのは、僕にとってはご褒美だったかと思います。」

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る