【SGT】2014第3戦オートポリス:2日間で38,200人が来場!年に1度GT九州ラウンドを満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年は5月末に開催時期が移動したSUPER GTのオートポリス戦。今年も年に1度のGT九州ラウンドを楽しみにしていた地元ファンを中心に、土曜日から15,000人を超える来場があり、決勝日は24,400人を動員。2日間合計の総来場者数は38,200人となった。

 例年は雨や霧に包まれた中でのレースが多かったが、今年は搬入日から3日間全てで晴天に恵まれ、お昼は真夏を思わせるかのような暑さ。決勝日も13時00分時点で気温31℃に達した。非常に暑い週末だったが、ファンはそれぞれのスタイルで年に1度のSGT観戦を満喫した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2日間とも開催されたピットウォークは広いオートポリスのピットロードをファンが埋め尽くし大盛況。ドライバーたちも暑い中、笑顔でファンにサインをしているのが印象的だった。また日曜日にはメインストレート側にレースクイーンが並びピットウォーク撮影会も実施され、こちらも大盛況だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 グランドスタンド裏にあるイベント広場でもドライバーやレースクイーンのサイン会やトークショー。さらにグッズ販売ブースで賑わった。またオフィシャルステージではお子様を対象にしたKid’sプレゼント抽選会を実施。それぞれのチームやスポンサーから提供されたグッズを子どもたちがゲットしていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 決勝レース前にはグリッドウォークも行われ、専用パスを持っているファンが入場。時間いっぱいまでスタート直前で緊張感が漂うグリッドを間近で体験した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そしてオートポリス戦のグリッドウォークといえば、ご当地キャラクターで有名のくまモンが今年も登場。今回はNo.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)のグリッドボードを担当。初対面となるミューラーもイタズラをするなど、和やかな雰囲気が流れていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 レース中は大クラッシュもあり、大荒れとなった今回の第3戦だったが、表彰式でも多くのファンが参加。表彰台に上がった選手らを祝福した。

 これまで約2〜3週間おきのペースで開催されてきたSUPER GTだが、次回は少し間隔があき7月19・20日。舞台は東北に移り宮城県のスポーツランドSUGOで第4戦が行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る