【2014ル・マン24h】決勝前ウォームアップでもトヨタ勢が好調。2号車アウディが僅差に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©K.Sugawa
©K.Sugawa

 2014年のル・マン24時間耐久レース。現地のサルトサーキットでは決勝日の朝を迎え、24時間レース本番前では最後となるウォームアップ走行が45分間にわたって行われた。

 この日も晴天に恵まれ気温18℃、路面温度19℃の中でセッション開催。僅かな時間しかないため、グリーンシグナルと同時に各車が一斉にコースイン。最後のマシンチェックを行った。現地時間12日の公式予選から、丸一日ル・マンカーの走行がなかったということもあってか、路面には砂やホコリが目立ち、コンディションは良いものではなかったが、今週末絶好調のトヨタ勢が走りだしから3分25秒台の好タイムを出すなどライバルを圧倒。結局8号車(A・デビッドソン/N・ラピエール/S・ブエミ)が3分23秒731でトップタイムを記録。11日のフリー走行、12日の公式予選(総合)、そして今回のウォームアップの全てでトップタイムを記録。24時間の長丁場レースではあるが、いよいよ初優勝への期待が高まってくるセッションだった。

 2位には好調トヨタ勢に割って入る形で2号車アウディ(M・ファスラー/A・ロッテラー/B・トレルイエ)が食い込んだ。特にセッション終盤でロッテラーが8号車トヨタに0.010秒差に迫る3分23秒741を記録。クラッシュの影響で欠場となった親友のデュバルの分も、決勝での激走を期待したい。

 そして3位にはポールポジションを勝ち取った7号車トヨタ(A・ブルツ/N・ラピエール/中嶋一貴)が入った。リザルト的には3位だったが、決勝に向けて特に問題はない様子。スタートからどんな走りを見せてくれるか、注目だ。

 いよいよ今年も24時間の長い闘いが始まろうとしているル・マン決勝。日本時間の22時にスタートが切られる。

[ル・マン24h]ウォームアップ(結果)
1位8トヨタ(3分23秒731)
2位2アウディ(+0.010)
3位7トヨタ(+0.465)
4位3アウディ(+1.480)
5位1アウディ(+3.886)
6位20ポルシェ(+4.264)
7位14ポルシェ(+6.096)
8位13レベリオン(+6.751)
9位12レベリオン(+9.008)

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る