【F1】小林可夢偉、イタリアGPはレギュラーとして参戦。FP1はメルヒが担当

©CaterhamF1Team
©CaterhamF1Team

 ケータハムF1チームは4日、今週末開催されるイタリアGPに向けたプレスリリースを発表。今戦は小林可夢偉とマーカス・エリクソンのコンビに戻して参戦することを明らかにした。

 可夢偉は、夏休み明けのベルギーGP直前にチームがアンドレ・ロッテラーとの交替を決断。同GPは欠場することになった。7月のチーム体制変更により新たなボスに就任したコリン・コレスの方針により、可夢偉への風当たりは悪くなっており、イタリアGP以降もロッテラーもしくはスポンサー資金が豊富な別のドライバーが乗るのではないかと噂されており、彼自身もケータハムを離れてザウバーへの移籍するのではないかという噂まで上がっていた。

 実際に今週末もロベルト・メルヒ(スペイン出身23歳)が出場するという節が濃厚だったが、スーパーライセンス等の発給の都合もあってか、今回は可夢偉がドライブ。ただし、フリー走行1回目は可夢偉のシャシーを使ってメルヒがドライブ予定。おそらく、シンガポールGP以降で正式起用するためのステップとしての考えが強いようだ。

 可夢偉は「自分はケータハムの一員だし、チームの決定に従うだけ。とにかくまたマシンに戻ることができ、レースに望めることが凄く楽しみ。アップデートしたマシンで走るのは初めて。これでモンツァを走るとどのようなパフォーマンスを発揮できるか楽しみだよ。モンツァはハイスピードサーキットとして楽しむことができるけど、それ以外にも熱狂的なイタリアのファンが好き。彼が素晴らしい週末の雰囲気を作り出してくれるからね。」とプレスリリースでコメントを発表している。

 チームの方針転換により今後のシートについても保証がされていない中でのイタリアGP出場。これまで以上に3日間でのパフォーマンスで、チームにどのようなアピールが出来るのか?可夢偉にとっては非常に重油なレースウィークが今週末始まる。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. いよいよ、今年もF1日本グランプリの開催が近づいてまいりました。みなさん、観戦の準備は進ん…
  2. 画像:鈴鹿サーキット
    画像:鈴鹿サーキット 鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランド株式会社は2月2日、20…
  3. 2023AUTOBACS SUPER GT Rd.8が、11月4日・5日に栃木県のモビリティーリゾ…
  4. 2023年 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 が大分県のオートポリスで10月14・ 1…
  5. 2023年のAUTO BACS SUPER GT ROUND6『SUGO GT 300km…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る