【F1】2014第13戦イタリアGP:ハミルトンがロズベルグを圧倒、今季5度目のPPを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MercedesAMG

 2014年のF1世界選手権も、いよいよ後半戦へ。今週末は第13戦イタリアGPが伝統のオールドコースとして知られるモンツァサーキットで開催されており、現地時間の6日には公式予選が行われた。

 まずは全22台が出走するQ1。真っ先にコースインしたのは小林可夢偉(ケータハム)だった。前回ベルギーGPではチームの方針によりシートをアンドレ・ロッテラーに譲る形となり欠場。今回も別のドライバーが乗り込むと噂があったが、土壇場になって可夢偉起用が決まった。

 少ないチャンスをものにしようとアップデートが施されたCT05で果敢にアタック。最終的に1分27秒671までタイムを伸ばしマルシャ勢の2台を上回る19位を獲得。全体的なポジションとしては下位ではあるが、このマシンが持っているパフォーマンスを十分に出しきった予選となった。

 今回はシリーズ屈指の超高速コースということもあってか、序盤から好調のメルセデスエンジン勢が優位に立つ。中でも速さをみせたのがランキング首位争いを繰り広げるニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンのメルセデスAMG勢。まずQ1ではハミルトンが1分25秒363をマークしトップ通過。ロズベルグも0.1秒差に迫る。

©Pirelli

 続くQ2でもハミルトンがミディアムタイヤに履き替え1分24秒560まで伸ばす。ロズベルグも2回アタックを試みるが0.040秒届かず2位通過となった。一方、Q3へ進出する10位争いでは波乱が。フェラーリの地元で良い所をみせたいキミ・ライコネンだったが、アタックラップ中に痛恨のミス。これが大きく響き12位でノックアウト。これにはサーキットに駆けつけたティフォシも意気消沈となった。僚友フェルナンド・アロンソはQ3へコマを進めている。

 そしてポールポジションが決まる最終Q3。少しずつタイム差を縮めてきているロズベルグに対して、ハミルトンが渾身のアタックをみせる。特にコーナーが多いセクター2を中心にタイムを削り、1分24秒109をマーク。最大のライバルに0.4秒の差をつけた。しかし、ロズベルグもこのまま引き下がる訳にはいかない。すぐにピットに戻って新品タイヤに交換すると再びコースへ。途中まで自己ベストタイムをマークして周回するが、最終的に0.2秒届かず1分24秒383。ここでセッションは終了となり、ハミルトンの今季5回目、通算36回目のポールポジションが決まった。

©MercedesAMG

 2位にはロズベルグが入り、今回もシルバーアローがフロントローを独占。3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)、4位フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)、5位ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)。6位ジェンソン・バトン(マクラーレン)とフェラーリのお膝元モンツァでメルセデスエンジン勢がトップ6を独占する結果に終わった。

 決勝レースは日本時間の7日21時00分からスタート。53周で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  2. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  3. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  4. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…
  5. F1世界選手権にパワーユニットサプライヤーとして参戦するホンダは15日、マクラーレンとのタッ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る