【2014F1日本GP】いよいよ明日開幕!鈴鹿サーキットの準備も最終段階へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 開幕を明日に控えた2014年のF1日本グランプリ。鈴鹿サーキットは朝からパドック内やGPスクエアなどで準備の最終段階に追われている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 先週24日(水)に中部国際空港セントレアに到着したマシン。今日は各チームのメカニックたちも現地入りしマシンの組み立てなガレージ内で慌ただしく作業が行われた。また、ピレリから日本グランプリ用のタイヤも供給され、2人のドライバーごとにマーキングが施されていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 またメインストレート上のピットウォールやブリッジの看板もF1仕様に一新された。昨年はDHLとピレリの黄色のイメージが先行したが、今年は全てロレックス一色に統一され、新鮮なイメージとなっている。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 一方グランドスタンド裏のGPスクエアも準備が進んでおり、オフィシャルステージもほぼ完成。さらに事前に発表されていたホンダブースにはマクラーレンMP45/B、MP4/6、MP4/7が搬入され、隣にはナイジェル・マンセル氏と佐藤琢磨が決勝前のデモ走行で乗り込む予定の、ウイリアムズFW11、マクラーレンMP4/4の展示ブースも設けられ、他にも往年のF1マシンが並べられていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 F1マシンが走行を始めるのは3日(金)からだが、スタンドには早くもドライバー応援の横断幕が設置。最終コーナーのR席にはニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、Q1席にはキミ・ライコネン(フィンランド)の横断幕が設置されていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 またドライバーも続々とサーキット入り。パドックに姿をみせたのはマーカス・エリクソン(ケータハム)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、ロマン・グロージャン(ロータス)。この他に金曜フリー走行のみドライブする予定のマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)は、早くもチームスタッフと一緒にコースを下見。史上最年少でのF1出走記録を更新予定のドライバーに、早くもサインを求めるファンの姿も見られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 明日は特別ピットウォークとドライバーサイン会が予定されている。台風18号車の進路の関係で週末の天気に少し心配が出てきたが、今年も来場するファンにとって思い出に残るレースウィークになってくれることを願いたい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る