【2014F1日本GP】待ちに待った週末が開幕!ピットウォーク&東コースウォークがスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 待ちに待った瞬間がついにやってきた。2014年のF1日本グランプリが開幕。明日からの走行に先立ちピットウォークやサイン会なだファンイベントが行われる1日がスタートした。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 午前8時の開門を前に、今年も全国から大勢のF1ファンが集結。早くも2014年仕様のチームウェアを着ている人、オリジナルのグッズを身にまとっている人など、それぞれのスタイルで今年もF1を楽しもうとしている人が多く見られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 予定通り8時に鈴鹿サーキットのファンファーレが鳴ってゲートオープンすると、係員の誘導に従ったGPスクエアへ。ここでサイン会抽選番号が記載されたピットウォーク券を受け取りいよいよ午前9時からピットウォークがスタート。ここでも係員野誘導で最終コーナー側から入場する流れとなっている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ピットレーンには早くも全チームがノーズコーンや機材を並べ、マシンの最終メンテナンスな早朝から作業を行なっている。お客様の入場口から一番近い場所にあるケータハムのピット。前日の正式発表を受け、小林可夢偉のネームボードが取り付けられて、多くのファンが足を止めてピットやマシンの様子を撮影していた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また東コースウォークも同時にスタート。1年に一度の“お祭り”がいよいよ始まった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る