【2014F1日本GP】今年も特別ピットウォークは大盛況!ベッテルらドライバーも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2日(木)に開幕した2014F1日本グランプリ。初日から鈴鹿サーキットは大盛り上がりとなっている。午前9時00分から始まったピットウォークは、例年並みの盛況具合となった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 昨日までは目隠しされていた各チームのピットもオープンになり、レッドブルやメルセデスAMG、フェラーリのピットなど上位チームは特に盛況。また表彰台の真下にある小林可夢偉(ケータハム)のピットも人気だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また東コースウォークも同時に行なわれ、明日からF1マシンが疾走するコースをファンが実際に歩いた。新しく塗り直された縁石を撮ったり、コース上で記念撮影するファンも多く見られた。

 そこへ、昨日参戦が正式に発表された小林可夢偉(ケータハム)が下見のために登場。これにはファンも驚いた様子だったが、週末の健闘を祈り、たくさんの声援が送られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その後も、続々と各ドライバーがサーキットに到着。すぐにコース下見に出発するドライバーからサインをもらおうと熱心なファンが詰めかけ、ドライバーたちも時間の許す限りサインに応じていた。ピットウォーク終盤には4年連続王者のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)も登場。ファン一人一人に丁寧にサイン。笑顔でコース下見に出かけていった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォーク終了後、中学生以下のお子様とそのご家族を対象にしたキッズピットウォークも開催。なかにはベビーカーでピットウォークに参加するファミリーもいるなど、熱心なF1ファンがこちらでも集まっていた・

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 この後、短いお昼休みを挟んで13時00分からセーフティーカー、メディカルカーが登場してのコースチェックが行われた後、15時00分からプレスカンファレンスが予定されており、その模様はサーキットビジョンでも流れる予定だ。

 そして、もう一つのメインイベントであるドライバーサイン会は16時00分から始まる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る