【2014F1日本GP】フリー走行2回目はハミルトン最速、可夢偉は3周目でまさかのクラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Y.Oda/KANSENZYUKU

 午後になり気温30℃に達した鈴鹿サーキットでF1のフリー走行2回目が14時00分から行なわれた。午前中はロベルト・メルヒがステアリングを握っていたため、走行機会のなかった小林可夢偉。カーナンバー10に取り替えられたマシンに乗り込み、開始から1分ほどたったところでコースインを果たした。

 今回の日本GPに合わせて2014年バージョンのヘルメットデザインで日の丸ベースのカラーにしたもので登場。コースインすると各コーナーではファンが手を振って大きな声援を贈った。しかし3周目のS字コーナーで突然バランスを乱しスピン。そのままタイヤバリアにヒットさせてしまった。幸い可夢偉に怪我はなかったが左リアのサスペンションアームが折れ曲がりフロントウイングも破損。開始からわずか10分でマシンを降りることになってしまった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その後も各所でコースオフやクラッシュが続出。開始から25分ほどすぎたところでダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)が最終コーナーでバランスを乱しクラッシュ。このマシンの回収のため赤旗が出された。

 セッションには西側から急に分厚い雲が現れ、終盤には雨がパラついたが、各チームがドライタイヤで走行。予定通り15時30分にチェッカーフラッグが振られた。

 トップタイムはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。午前中よりさらにタイムを伸ばし1分35秒078をマーク。僚友ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が1分35秒318で続いた。3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が1分36秒279で入ったが、メルセデスAMG勢との差は約1秒。明日以降は天気がどうなるか分からないが、今週末もシルバーアローの2台が先行する予選・決勝になっていきそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る