【2014F1日本GP】フリー走行2回目はハミルトン最速、可夢偉は3周目でまさかのクラッシュ

©Y.Oda/KANSENZYUKU

 午後になり気温30℃に達した鈴鹿サーキットでF1のフリー走行2回目が14時00分から行なわれた。午前中はロベルト・メルヒがステアリングを握っていたため、走行機会のなかった小林可夢偉。カーナンバー10に取り替えられたマシンに乗り込み、開始から1分ほどたったところでコースインを果たした。

 今回の日本GPに合わせて2014年バージョンのヘルメットデザインで日の丸ベースのカラーにしたもので登場。コースインすると各コーナーではファンが手を振って大きな声援を贈った。しかし3周目のS字コーナーで突然バランスを乱しスピン。そのままタイヤバリアにヒットさせてしまった。幸い可夢偉に怪我はなかったが左リアのサスペンションアームが折れ曲がりフロントウイングも破損。開始からわずか10分でマシンを降りることになってしまった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その後も各所でコースオフやクラッシュが続出。開始から25分ほどすぎたところでダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)が最終コーナーでバランスを乱しクラッシュ。このマシンの回収のため赤旗が出された。

 セッションには西側から急に分厚い雲が現れ、終盤には雨がパラついたが、各チームがドライタイヤで走行。予定通り15時30分にチェッカーフラッグが振られた。

 トップタイムはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。午前中よりさらにタイムを伸ばし1分35秒078をマーク。僚友ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)が1分35秒318で続いた。3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が1分36秒279で入ったが、メルセデスAMG勢との差は約1秒。明日以降は天気がどうなるか分からないが、今週末もシルバーアローの2台が先行する予選・決勝になっていきそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る