【F1】クラッシュしたビアンキは”びまん性軸索損傷”と診断、現在も集中治療室で深刻な状態が続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のF1日本グランプリ決勝レースの終盤に大クラッシュを喫したジュール・ビアンキ(マルシャ)。現在も三重県立総合医療センターで医師たちによる懸命な治療が続けられている。

 事故後、FIAが行なった公式発表によると、終盤の42周目にダンロップコーナーでエイドリアン・スーティル(ザウバー)がスピンを喫し、タイヤバリアにヒット。マシン回収のため該当エリアではダブルイエローフラッグ振動(2本のイエローフラッグを振ることで、より注意して走行し、緊急の場合に備え停止できるスピードまで減速を促す意味)でマシンに警戒を促した。

 その最中にビアンキのマシンがコントロールを失い、作業中だった重機車に激突。駆けつけたマーシャルの判断ですぐにセーフティーカーが導入され、メディカルカーも現場へ急行。すぐにビアンキはマシンから救出されたが、意識不明の状態。ただちに四日市市の三重県立総合医療センターに搬送された。なお、幸いなことにスーティル車の回収作業にあたっていたマーシャルたちに怪我はなかった。

 そして7日にフランスから到着したビアンキの家族がマルシャF1チームを通じて声明を発表。”びまん性軸索損傷”と診断され、手術後も集中治療室で治療が続いているとのこと。現在も深刻な状態にあるが容態は安定しているそうだ。

 また家族はリリース内で「私たち家族が非常に難しい時にある中、世界中からのたくさんのメッセージや応援をいただき、本当に感謝しています。深刻な状態が続いていますが容態は安定してます。今も病院の医師たちが全力で対応してくれています。引き続き、この病院で治療を続け、新しい動きがあった時には皆様にご連絡します。」とメッセージも発表している。

 現在もマルシャF1チームとスクーデリア・フェラーリのスタッフが病院に残り家族をサポート。また新しい動きがあった時には適宜リリースを配信するとのことだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る