【2014 WTCC日本ラウンド】予選はシトロエンがTOP3を独占!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

初のフルコース開催となるWTCC鈴鹿ラウンドの予選が行われ、シトロエン勢がTOP3を独占する強さをみせた。

20分間のQ1で13位以下が決定し、10分で行われるQ2で6位〜12位が決定する。
昨年まで行われていたQ1、Q2に加え、今年から第1レースのトップ5グリッドを1ラップアタックで決めるQ3が新設された。

朝のフリー走行からトップタイムをマークしていたイヴァン・ミューラー(シトロエン)がQ2もトップタイムを記録、Q2の2番手タイムをマークしたのはホセ-マリア・ロペス(シトロエン)。3番手にセバスチャン・ローブ(シトロエン)がはいった。

第1レーストップ5のグリッドを決めるQ3は、Q2で5番手タイムをマークしたヒューゴ・バレンテ(シボレー)からタイムアタックを開始。3番手に登場したセバスチャン・ローブ(シトロエン)が2分5秒590を記録。続いて登場したホセ-マリア・ロペス(シトロエン)がローブのタイムを破る2分5秒439でトップにたった。最後に登場したイヴァン・ミューラー(シトロエン)はロペスのタイムを上回ることができず2番手。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
【写真左:予選2番手のイヴァン・ミューラー】
【写真右:予選3番手のセバスチャン・ローブ】

ホンダシビック勢はQ3に進出できず、ノルベルト・ミケリス(ホンダ)の6番手が最上位となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
【写真左:ホンダ勢予選トップのノルベルト・ミケリス】
【写真右:第2レースポールポジションのガブリエーレ・タルクィーニ】

明日はレース1が14時30分から、レース2が15時40分にスタートする!
第1レースは予選を制したホセ-マリア・ロペス(シトロエン)がポールポジション、第2レースはリバースグリッドとなるため予選10番手のガブリエーレ・タルクィーニ(ホンダ)がポールポジションからスタートすることになる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る