【F1】2014第17戦アメリカGP:ロズベルグ今季9回目のポール、PU交換のベッテルはQ1敗退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli

 2014年のF1世界選手権も残すところ3戦。シリーズ第17戦アメリカGPが現地時間の10月31日に開幕。翌11月1日に公式予選が行われた。

 このレース前、ケータハムF1チームとマルシャF1チームが資金難により欠場を発表。2005年モナコGP以来となる18台のエントリーでレースウィークがスタート。さらに年間使用上限を超える6基目のパワーユニットを投入予定のセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)も、グリッド降格ペナルティになることが決まっているため、Q1で早々に姿を消すなど、いつもとは異なる雰囲気のレースウィークとなった。

 そんな中で相変わらず好調なのが前回ロシアGPでコンストラクターズチャンピオンを決めたメルセデスAMG勢。Q1、Q2ともにトップタイムを記録し順当にQ3へ。ここで抜群の速さをみせたのが、逆転チャンピオンのためにも1戦も落とすことが出来ないニコ・ロズベルグ。1回目のアタックで1分36秒282を叩きだすと、続く2回目では全セクターでタイムを更新。1分36秒067まで伸ばして今季9回目、通算13回目のポールポジションを勝ち取った。

 2位にはランキング首位のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が入り、3戦連続でトップ3が同じ顔ぶれとなった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る