【SGT】2014最終戦もてぎ:GT300クラスはGAINER DIXCEL SLSがコースレコードでPP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第8戦「MOTEGI 250km RACE」の公式予選が15日、ツインリンクもてぎで行われた。

 チャンピオンが決まるシリーズ最終戦。GT300クラスはNo.4 グッドスマイル初音ミク Z4(谷口信輝/片岡龍也)、No.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)、No.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)の3台が可能性を残している。

 ポイント的には4号車の谷口/片岡組が有利だが、ここもてぎは11号車の平中/ビルドハイム組の相性が良く、今週末も公式練習で他を圧倒する走りをみせている。

 まず全23台が出走した予選Q1。ここで早速波乱が起きる。ランキング3位で逆転チャンピオンを狙う7号車。ミューラーがQ1を担当したが、満足にタイムを出すことができずピットイン。優勝がほぼ必須条件という中で、まさかのQ1敗退。明日は14番グリッドからの挽回を強いられる。

 チャンピオン争いの一角が脱落した中、予想通り11号車が絶好調。Q1でビルドハイムがクラスのコースレコードを塗り替える1分47秒717を記録すると、続くQ2で平中が渾身のアタックを披露。1分47秒796とビルドハイムのタイムを上回ることはできなかったが、2位以下に圧倒的な大差をつけてみせる。一方ランキング首位の4号車は今週末苦戦を強いられていたが、チームのがんばりもあり予選ではペースを取り戻し、谷口が1分48秒500で2番手タイムを叩きだすが平中に0.8秒差をつけられてしまう。

 このまま2台がフロントローを分け合うかと思われたが、残り時間わずかのところでNO.31 OGT Panasonic PRIUS(新田守男/嵯峨宏紀)が2番手に食い込んだ。ここでチェッカーフラッグが振られ11号車が今季初ポールポジションを獲得。逆転チャンピオンに向けてチャンスを広げた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 平中は「まずはポールポジションを取れてよかった。明日は勝つ自信はあるけど、チャンピオンは相手次第なので、まずは自分たちのベストを尽くしたい」とコメント。ビルドハイムも「マシンの状態は凄くいい。だけどチャンピオン争いは僕達だけではどうしようも出来ないから、明日良い結果になることを願いたい。」と明日に向けて意気込みを語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 このレースで3位以内に入れば無条件でチャンピオンが決まる4号車。谷口は「3番手は僕らとしては嬉しい結果」。片岡も「午前中までは苦しい状態だったがチームが頑張ってくれて、思いのほか上位に来れた」とコメント。この順位からすると明日の決勝は4号車有利の展開で進みそうだが、最後まで何が起こるかわからないだけに、明日のレースは一瞬たりとも目が離せない展開になりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る