【F1】ベッテルが新天地フェラーリへ、F2012をテスト走行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Ferrari
©Ferrari

 2015年からレッドブルを離れフェラーリへの移籍が決まっているセバスチャン・ベッテルが早速イタリアのフェラーリ本社近くにあるテストコース「フィオラノ」で、念願のフェラーリマシン初走行を行なった。

 レッドブルとの契約等の関係で、まだ今季型のマシンに乗ることが出来ないベッテルではあるが、最終戦アブダビGPが終わった2日後から同地で行われた合同テストでは早速フェラーリのピットを訪問していた。

©Ferrari ©Ferrari

©Ferrari ©Ferrari
©Ferrari

 今回は、2012年のF2012を使用しての走行。ピットには早速真っ赤なレーシングスーツで登場。前述の契約もあるためか白色ベースのヘルメットを被ってマシンに乗り込み、1周3km弱のフィオラノで100周近く走り込んだ。

 フェラーリのリリースで「まるで魔法にかかったような時間だった」とコメント。かつて自身がF1を目指していた頃は同郷の先輩であるミハエル・シューマッハがフェラーリとともに黄金時代を築いていた時期でもあり、今回のフェラーリ移籍も「あこがれが叶った」と決定当初から興奮した様子だった。

 ベッテルはF2012での実走行以外にF14Tのシミュレーターも体験。来季からの新チームでのチャンピオン奪還に向けて少しずつ準備を進めている。

 また、2009年から6年間在籍したレッドブル・レーシングのファクトリーも先日訪れ、スタッフ1人1人に別れの挨拶を行なった。

 来年から“伝統の跳ね馬”に乗り換えるベッテル。今シーズンの不振を振り払うような快進撃を期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る