【F1】ベッテルが新天地フェラーリへ、F2012をテスト走行

©Ferrari
©Ferrari

 2015年からレッドブルを離れフェラーリへの移籍が決まっているセバスチャン・ベッテルが早速イタリアのフェラーリ本社近くにあるテストコース「フィオラノ」で、念願のフェラーリマシン初走行を行なった。

 レッドブルとの契約等の関係で、まだ今季型のマシンに乗ることが出来ないベッテルではあるが、最終戦アブダビGPが終わった2日後から同地で行われた合同テストでは早速フェラーリのピットを訪問していた。

©Ferrari ©Ferrari

©Ferrari ©Ferrari
©Ferrari

 今回は、2012年のF2012を使用しての走行。ピットには早速真っ赤なレーシングスーツで登場。前述の契約もあるためか白色ベースのヘルメットを被ってマシンに乗り込み、1周3km弱のフィオラノで100周近く走り込んだ。

 フェラーリのリリースで「まるで魔法にかかったような時間だった」とコメント。かつて自身がF1を目指していた頃は同郷の先輩であるミハエル・シューマッハがフェラーリとともに黄金時代を築いていた時期でもあり、今回のフェラーリ移籍も「あこがれが叶った」と決定当初から興奮した様子だった。

 ベッテルはF2012での実走行以外にF14Tのシミュレーターも体験。来季からの新チームでのチャンピオン奪還に向けて少しずつ準備を進めている。

 また、2009年から6年間在籍したレッドブル・レーシングのファクトリーも先日訪れ、スタッフ1人1人に別れの挨拶を行なった。

 来年から“伝統の跳ね馬”に乗り換えるベッテル。今シーズンの不振を振り払うような快進撃を期待したい。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る