【F1】小林可夢偉が「Wings for Life World Run」のアンバサダーに就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 5月に滋賀県高島市で開催される「Wings for Life World Run」の記者発表会が19日に都内で行われ、アンバサダーとしてレーシングドライバーの小林可夢偉が就任することになった。

 このイベントは、脊髄損傷の研究を国際的に進めている非営利団体「Wings for Life」への研究資金寄付を目的として始められたチャリティマラソン。通常は予め走破距離が設定されて競われるが、このイベントではランナーのスタート30分後に「キャッチャーカー」という車両が動き出し、決められたペースで追走。それに追いぬかれたランナーは、その場でレース終了となり走破した時間ではなく、距離が記録となる。世界33カ国、35会場で約5万人以上のランナーが同時刻にスタート。一番長い距離をキャッチャーカーから逃げ切ったランナーが世界チャンピオンとなるのだ。ちなみに昨年開催された第1回大会では男性ではルマワーク・ケティマ選手が78.57kmでグローバルチャンピオンに、女性チャンピオンはエリーズ・モルヴィック選手で54.79kmだった。

 昨年の第1回大会に続いて、今回は2回目の開催。前回では元F1ドライバーのマーク・ウェバーをはじめ世界中のアスリートや著名人がアンバサダーとして参加。「Wings for Life」をより多くの方に理解してもらえるよう活動した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2回目となる今回も世界33カ国、35会場で同時刻にスタートが切られる。初開催となる日本は滋賀県高島市の琵琶湖に面したコースが舞台となる。なお日本のスタート時刻は午後8時。夜間でのマラソンとなるため、参加者全員に専用のヘッドライトが配られるという。参加資格は18歳以上の男女、車椅子(日常生活で使うもののみ))での参加も可能となっている。参加費は税込5,000円で、大会参加費の全額と同額が脊髄損傷の治療研究の支援のために送られる。

 アンバサダーには可夢偉の他にレッドブル・エアレース・パイロットの室屋義秀選手、100kmマラソン世界記録保持者で第1回大会の出場経験もある砂田貴裕氏、車椅子バスケットボール元パラリンピック日本代表で、ご自身も脊髄損傷を患っている京谷和幸氏が就任する。

 この発表に合わせて可夢偉は脊髄損傷というもの深く理解するために渋谷で車椅子での生活を体験。発表ではその動画も放映され、渋谷の街での車椅子移動に四苦八苦する可夢偉の姿が幾度となく見られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 この体験について可夢偉は「日頃は気にしていない交差点での小さな段差や、道路に空いた小さな穴に車椅子の車輪がとられてしまうというのを体験しました。これらを避けるためにどこを通るかなどを常日頃から考えなきゃいけないというのは、本当に大変なことだと感じました。このイベントを通して脊髄損傷というものをより多くの人に理解してもらってし、皆で手助けしていける環境作りに貢献していきたい」とアンバサダーとしての決意を語った。

 放映中には、日頃から車椅子での生活を余儀なくされている京谷氏と車椅子の扱いについて映像を見ながら話す場面も見られた。京谷氏は「車椅子の生活がスタートした21年前、外に出て初めて感じたことと同じ感想を可夢偉さんにおっしゃっていただいて、ちょっと当時のことを思い出しましたね。でもこうして脊髄損傷になった人の生活の一部を体験していただいて、色んな人に知ってもらうということは素晴らしいことだと思います」と語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 大会当日はスケジュールが合えば可夢偉も参加予定とのこと。「15~20kmはキャッチャーカーに追いつかれないように頑張りたい」と意気込みを語った。

 エントリー方法や大会概要などの詳細は、「Wings for Life World Run」の公式サイトでご確認いただきたい。
「Wings for Life World Run」の公式サイト

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  3. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  2. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  3. [table id=72 /]…
  4. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…
  5. 2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピー…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る