【JSB1000】TeamKAGAYAMAが2015年体制を発表、鈴鹿8耐にも参戦を表明

©KANSENZYUKU

 加賀山就臣率いるTeamKAGAYAMAは16日、全日本選手権ロードレースを始めとした2輪レース参戦体制を発表した。

 全日本選手権ロードレース選手権は、最高峰のJSB1000とJ-GP2クラスに参戦。JSB1000は加賀山が引き続き挑戦。昨年は2勝を挙げたもののチャンピオンには届かなかったが、常に上位争いに食い込んでおり、今年はタイトル獲得に期待がかかる。

 J-GP2クラスにはチームの若手ライダー育成プロジェクトの一期生である山元聖を起用。12歳でライダー人生をスタートさせたが、メキメキと上達し今年は最高峰クラス直下のJ-GP2クラス初挑戦。若干18歳の山元の活躍からも目が離せない。

 今年は新たにアジアロードレース選手権にも出場するTeamKAGAYAMA。最高峰クラスとなるSS600クラスには8耐でパートナーを組む芳賀紀行が参戦。さらにライダーを1人起用し2台体制でエントリーするとのこと。3年ぶりにフルシーズン参戦となる芳賀。どんな走りをみせてくれるのか楽しみだ。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
[2014鈴鹿8耐でのTeamKAGAYAMA]

 また7月に行なわれる鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦を表明。昨年同様、加賀山を筆頭に3名体制で臨むとのことだが、注目のライダーについては後日発表となるようだ。

2013年は加賀山、芳賀に加えケビン・シュワンツの布陣で参戦し3位表彰台。昨年もドミニク・エガーターを擁し2年連続で表彰台の一角を勝ち取った。今年も上位争いに食い込んでくることは間違いないだろう。

TeamKAGAYAMA2015参戦体制詳細

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る