【Enjoy♡F女】F女的ホテル探し編/宿選びのポイントは「安・近・楽」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いよいよ今週末、日本GPのチケットが発売になります!
日本GP観戦に必要なアイテムとしてチケットはもちろん重要ですが同じ位重要なのが宿泊先の確保!
と、言う事で今回はある意味チケットよりも希望の場所の確保が難しいしいかもしれない日本GP期間中のホテル探し編☆
近年は以前より確保しやすくはなっていますが、やっぱり大手ホテルや近場のホテルはすぐに満室になってしまいます。
中にはすでに宿をゲット!している方もいるかもしれませんね(*゚∀゚*)

F1観戦のホテル選びには
「安・近・楽」

この3つが欠かせないと思います。
と、なると皆さんの一番の候補はやっぱりサーキットのある鈴鹿市かもしれません。
…が、とにかくGP期間中、鈴鹿で宿を確保するのは至難の技。
なぜなら鈴鹿市内はほぼチーム関係者などで埋まっているからであります。
運良く空きがあってもF1価格になっていて一泊一万円以上するホテルもあります。(°д°)
でもサーキットから近いのはかなりのメリットなのでお金に余裕のある方は是非泊まってみて下さい☆
サーキットへの移動手段によってどの場所へ泊まるかを決めても良いかと思います。

電車で移動する方にオススメなのは四日市、桑名、名古屋

近鉄四日市駅や名古屋なら駅前に飲食店もたくさんあるので夕食にも全く不便はないと思います。
四日市はF1チームのクルーが宿泊している事もあったりするので、もしかしたらどこかで偶然チームシャツを着たクルーに会えるかも(*゚∀゚*)
数年前、サーキットから四日市へ帰る道中、あるチームクルーが音楽をガンガンかけてノリノリで運転している所を目撃しました(笑)
桑名は駅東口にホテルと飲食店が集中しています。
名古屋は断然ホテルの数が多いし、価格も通常価格の場合がほとんど。
ただ、F1と同時期に名古屋で大きなイベントなどがあるとホテル争奪戦が大変になるのでその辺りも頭に入れておいた方が良さそうです(^_^;)

穴場は名古屋とは逆方面の津、松阪

何より電車内が混雑しないらしいです。(らしいというのは私がそちら方面に泊まった事がないので情報収集した結果です笑)
日本GP前後で伊勢神宮などの観光もしたいという方もこちら方面に泊まると良いかもしれませんね♬

そして車の人なら亀山もおすすめ。

サーキットから20分程だし、渋滞もひどくないと思います。←経験談
ただ、あまり飲食店はないかもしれないのでサーキット周辺で夕飯を済ませて宿へ戻る事をおすすめします。
なるべく自分の希望のホテルをゲットしたいなら、何よりマメに電話で問い合わせしたり、根気よく検索する事が大切です。
例えば「F1日本GP ホテル 予約」と検索していたのを「F1日本GP 宿泊 予約」など、検索ワードを変えてみたりすると前に調べた時にはヒットしなかったホテルがひょこっと出て来たりする場合もあるので「根気よく地道に」が最良のホテル探しにつながります☆

そしてお友達数人と一緒なら鈴鹿サーキットのキャンプを予約するのもアリ♬

常設エリアにはキャンプがすでに張ってあるエリアもあるのでキャンプ初体験F女にはオススメかも。
そのエリア以外はテントをレンタル、または持ち込みでテントを張らないといけませんが、案外周りのキャンプの達人さんにお手伝いをお願いすれば手伝ってくれるかもしれません☆
ご近所さんとF1話しをしながらバーベキューなんて楽しそうですよね!
また、スマートフォンの充電が心配と言う方もご心配なく。電源付きのサイトが用意されています。もし、電源付きのサイトを予約することが出来なくても、施設内にモバイル充電エリアが完備されているので安心!
ホテルエリアのクアガーデンも女性用は比較的空いてるという噂ですので防寒対策をしっかりすれば快適なキャンプが楽しめると思います。
何より万が一寝坊をしてしまってもサーキット内なので慌てる事もない(笑)
キャンプエリアは人気が高く予約開始すぐに完売になってしまうのでキャンプ泊をお考えの方は予約開始の3月4日(水)9:00、パソコン・スマートフォンをフルに駆使してゲットしましょう!(今年は予約開始日はインターネット受付けのみになっていますのでお気をつけ下さい)

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
[左:電源なしのテントサイト][右:キャンプ場施設内にあるモバイル充電エリア]

鈴鹿サーキット公式ホームページ(キャンプサイトご宿泊予約について)
http://www.suzukacircuit.jp/f1/stay/index.html

アメニティで選ぶも良し、立地で選ぶも良し、お財布と相談するも良し、ご当地グルメで選ぶも良し。
F女の皆さんが快適に過ごせるお宿が見つかりますように♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田中理佳

投稿者プロフィール

F1ファン歴13年、ジェンソン・バトンが大好きなリカです(*^ω^*)
日本GPの時にはオリジナルグッズを作ってお祭り気分で盛り上がっています☆
2012年から女性限定F1イベント「F女Meeting」を開催。
人に楽しんで貰って自分も楽しくなる。
そんな事に幸せを感じるF女です♡

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Akiko
    • 2015年 3月 03日

    私は、2013年、2014年と2年連続でキャンプエリアに宿泊しての観戦をしました(^^)
    色々と種類のあるキャンプサイトの中で、私が泊まったのは特設キャンプエリアでしたが、価格的にとてもお手ごろですし、サーキットに近いところで宿泊できるのはとてもよかったです。渋滞、バスや電車の時間を気にせず、サーキットがクローズするまでピットの作業を見ていることもできますよ!
    夜まで見ていると、ドライバーが出てきたり、サーキットをランニングしている姿を見ることもできますしね(^0^)/

    特設キャンプサイトに宿泊する場合は、キャンプの道具を持っていかなければならないのが少々大変ですが、車でサーキット外に出ることは可能なので、食事は外で食べてくる、もしくは購入してくるということもでき、バーベキューセット等はなくても大丈夫です。
    私の場合は、近くのスーパーまで車で行って、お弁当などを購入してきて、テントで食べていました(笑)

    それから、テントですが、しっかりと防水のものをお使いになることをおすすめします。
    私が持っていったテントは、一応、防水のものだったのですが、なぜか浸水して、朝起きたらびしょびしょになっていました(^^;
    あと、夜は冷えますので、寝袋、毛布の準備もしっかりすることをおすすめします。それに、寝るときに下に引くクッション性のあるものを持っていくと、快適に休めると思います!

    ホテルエリアのクアガーデンは、時間ごとにチケットを購入しての利用のため、理佳さんのおっしゃる通り、そこまで混んではいなかったです。ただ、前夜祭の後の時間帯は混み合うようですが・・・
    そして、クアガーデンはホテル内ということもあり、クアガーデンに行くまでにF1関係者に遭遇することもあります。
    私は昨年、モニシャとすれ違いました(^^)

    電源についてですが、キャンプ場施設内にあるモバイル充電エリアは結構混んでいます・・・
    モバイル充電エリア内には、有料で鍵ができる充電設備とコンセントがあります。
    有料の方が比較的空いていますが、コンセントはいっぱいになっていることが多いです。
    テーブルタップ等を持っていく方がよいかも知れません。

    準備が必要な部分もありますが、2年連続でキャンプサイトを利用してみて、私はキャンプサイトがお気に入りの宿泊場所ですね!
    女性のグループで楽しく宿泊とかもいいのではないかなと思います(^^)

      • 田中理佳
      • 2015年 3月 03日

      Akikoさんコメントありがとうございます(*^ω^*)
      実際にキャンプ泊されている方からの具体的な情報はとても助かります!

      キャンプ初心者の方ならまずは防水テント、寝袋等の防寒用品、充電用品はしっかり準備してご飯は外食、コンビニなので調達なら最低限のキャンプ用品で済みますね☆
      鈴鹿は朝晩かなり冷え込むので女性は特にカイロなども用意して防寒対策を万全にするとAkikoさんのようにキャンプ泊がお気に入りになるかもしれませんね(o^∀^o)

      何よりサーキット内なので移動時間を考慮しなくて済むのはありがたいですよね。
      お友達と時間を気にせず深夜までF1トークで盛り上がる事も可能ですし!

      貴重な情報本当にありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る