【SGT】2015岡山公式合同テスト:RAYBRIG NSX CONCEPT-GT、今年も恒例の「テストカラー」で登場

©KANSENZYUKU 

 3月14・15日と岡山県の岡山国際サーキットで行われたSUPER GTの公式合同テスト。今年もNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTはシーズン前限定の「テストカラー」で登場した。

 この仕様は今月上旬に行なわれた鈴鹿でのメーカーテストと今回の岡山のみで採用される通称“フェーズ1”と呼ばれる限定カラー。先代のHSV-010時代から始まったもので、このカラーを観たくてサーキットまで足を運ぶとう熱心なファンも少なくない。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 今年のフェーズ1は恒例のカーボン時を連想させる黒ベースのカラーにチーム国光のロゴにも使われている「100」が浮き出てくるデザイン。おそらくこれがレイブリックカラーとなるシリーズ仕様“フェーズ2”のベースデザインになりそうだ。

 今年は山本尚貴が3年ぶりに復帰し、昨年GP2シリーズに挑戦していた伊沢拓也も国内に復帰。2人とも高橋国光監督のもとで育ち、昨年はそれぞれの舞台で活躍。急きょ18号車で組むことになった昨年の最終戦でも他を圧倒するパフォーマンスをみせ3位表彰台。ピットストップ時の思わぬトラブルさえなければ優勝も見えるほどの速さを見せていた。今年はともにホンダのエースとして成長し再び名門チームに復帰。間違いなかくチャンピオン候補の一角としてライバル陣営も警戒していることだろう。

©KANSENZYUKU

 今回のテストではタイム的に上位に食い込んでくることは少なかったが、特に2日目はロングランを中心としたプログラムを消化し、開幕戦に向けて有効なデータも収集できた模様。この岡山で、2015年版のテストカラーは早くも見納めになってしまうが、今度はシリーズ仕様のレイブリックカラーで開幕戦はどんな走りを見せてくれるのか注目だ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る