【F1】2015第2戦マレーシアGP:雷雨で予選中断の波乱…ポールポジションは2戦連続でハミルトンが獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Mercedes
©Mercedes

 2015年のF1世界選手権の第2戦マレーシアGPが27日に開幕。現地時間の28日17時00分から公式予選が行われた。

 毎年、東南アジア特有のスコールにより目まぐるしく天候が変わるレースになるが、今年も予選から天気に翻弄されることに。今回はマノー・マルシャも含めた20台が出走。Q1が予定通り始まるが上空には黒い雨雲がサーキットを多い、今にも雨が降り出しそうな状況だった。

 ドライコンディションで行われたQ1では復帰したフェルナンド・アロンソと2戦目となるジェンソン・バトンが新生マクラーレン・ホンダで果敢にアタック。前戦よりもトップとのギャップを縮めるがQ2進出は叶わずバトン17位、アロンソ18位に終わった。

 続くQ2は、雨を心配し各車がグリーンシグナル前からピット出口にスタンバイ。一斉にコースインするがセッション開始とほぼ同時のタイミングでついに雨が降りだしてしまう。なんとか早いタイミングでタイムを出そうと各車1周目から果敢にアタック。上位陣は順当にQ3へコマを進めたが、キミ・ライコネン(フェラーリ)がわずかに届かずここで脱落した。

 降りだした雨は、収まることなく勢いを増し、たちまち雷も確認されるほどに。これにより天気が落ち着くまでQ3開始は見合わせることになり予定より30分遅れてスタート。逆に雨も弱まり、メルセデス勢やセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)らはインターミディエイトを選択。中でもいち早くタイムを出したのがルイス・ハミルトンで、1分49秒834をマーク。結局これがポールポジションタイムとなり通算40回目、開幕2戦連続で好位置を手にした。2番手にはベッテルが49秒台を最後に叩き出し役10戦ぶりのフロントローを獲得。3番手にはニコ・ロズベルグが続いた。

 早速、雨により波乱の展開となったマレーシアGP。決勝は現地時間の15時00分(日本時間16時00分)から行われるが、スコール等が起きる可能性も十分にあるため、一層波乱の展開が待っていそうだ。

【2015F1第2戦マレーシアGP公式予選結果】
1:ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分49秒834
2:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分49秒908
3:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分50秒299
4:ダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)1分51秒541
5:ダニール・クビアト(レッドブル・レーシング)1分51秒951
6:マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)1分51秒981
7:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分52秒473
8:ロマン・グロージャン(ロータス)1分52秒981
9:バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分53秒179
10:マーカス・エリクソン(ザウバー)1分53秒261
11:キミ・ライコネン(フェラーリ)
12:パストール・マルドナード(ロータス)
13:ニコ:ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
14:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
15:カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)
16:フェリペ・ナスル(ザウバー)
17:ジェンソン・バトン(マクラーレン)
18:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
19:ロベルト・メルヒ(マノーマルシャ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  3. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…

最近の記事

  1. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  2. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  3. [table id=72 /]…
  4. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…
  5. 2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピー…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る