【SGT】2015第1戦岡山:待ちに待った2015シーズンが開幕!No.6 ENEOS SUSTINA RC Fがトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 待ちに待った2015SUPER GTが開幕。早速午前9時00分から岡山国際サーキットで公式練習が行われた。

 朝からサーキットには、開幕を待ちわびていたファンが多数来場。早くも熱気に包まれている。昨日は雨に見舞われたが、今日は曇り空ではあるものの良好なコンディション。セッション開始時はハーフウエットだったが、中盤からはドライに変わり各車も大幅にタイムアップした。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 GT500クラスでは、元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンがNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fから参戦。早くもセッション中にトップタイムを叩き出す速さをみせた。最終的に専有走行でタイムを上げたNo.6 ENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也/国本雄資)が1分19秒609でトップ。2番手には昨年のチャンピオンNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は0.067秒差でついた。また新チームのNo.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT(小暮卓史/オリバー・ターベイ)は9番手だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠)が1分26秒799を記録しトップ。2番手には今年から導入されたNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が入り、早くもFIA GT3勢に迫る速さをみせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る