【SGT】2015第1戦岡山:31号車プリウスGTが圧倒的な強さをみせ優勝!

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第1戦岡山。GT300クラスはNO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)が優勝した。

ウエットコンディションとなった決勝レースだが、徐々に天気が良くなる予報もありNo.11 GAINER TANAX SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)はスリックタイヤを選択。2番手から優勝を目指したが、結局これが裏目に出て後退してしまう。そのチームメイトであるNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート/千代勝正)がポールポジションからレースをリードするが、No.55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)と31号車プリウスが猛追。あっという間に前に出る。

今回もFIA GT3勢が強いかと思われたが、フタを開けてみればブリヂストンを履くJAF-GT勢主導の展開に。その中でもペース的に上回っていた31号車がトップに浮上。その後はほぼ独走に近い状態で55号車との差を広げた。

44周終わりでピットインし、中山に交替。レギュラー参戦では初戦となったが、冷静なレース運びでトップを死守。結局、2位の55号車に42秒もの大差をつけて優勝を飾った。なお、3位にはNo.21 Audi R8 ultra(リチャード・ライアン/藤井誠暢)が入った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

テストの時から絶好調だったプリウスGT。2013年の第2戦富士ラウンド以来の勝利。今年もテストの段階からライバルも目を見張るほどの速さをみせており、ウェイトを積んだ第2戦以降も上位に食い込みそう。

なお次回の富士500kmでは、嵯峨がWEC参戦のため欠場。代わりに佐々木孝太がドライブする。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る