【SGT】2015第2戦富士:ヒトコマ集(2)とにかく盛り上がったGW戦の決勝日を振り返り!(前編)

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

いつも観戦塾をご覧いただきありがとうございます!

5月2・3日に開催されたSUPER GT第2戦富士。今回もたくさんの写真で現地の様子を振り返るヒトコマ集をお届けしていきたいと思います!

ですが!!
さて、ヒトコマ集(日曜日編)をお送りしてきましたが、今回は500kmレースということと週末盛り上がったということで、ご紹介したいネタがあまりにも多く・・・急きょ日曜日編を2回に分けて掲載することになりました。

まずは朝のフリー走行〜ピットウォークまでの前篇

第1弾(5月2日予選日のヒトコマ集)はこちら

【5月3日(日)58,000人】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

前日に引き続き晴天に恵まれた富士スピードウェイ。この時期は日差しが強いものの風が気持よくて過ごしやすいことが多いのですが、今年は少し「初夏」を感じるくらいの陽気でしたね。その日差しよりもさらに熱かったのが、朝から大勢集まったファンの皆さん!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

午前のフリー走行開始前からグラスタもそうですが、ピットビルの屋上からもマシンのピットアウトの瞬間を今か今かと待っている皆さん。その気持ちがここまで伝わってきました。

朝は30分の走行だけでしたが、中には1年に一度ゴールデンウィーク戦だけ観戦する人もいれば、念願が叶って初めて観戦できたという人も多かったのではないでしょうか。朝からどこのコーナーも熱気に包まれていたフリー走行でした!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

イベント広場のオフィシャルステージでは恒例の「ギャルオン」が開催され、レースクイーンの皆さんがチームやスポンサーやPR!今年から時間制限がかなり厳しく取り締まられているもようで、今回富士では後ろの大型画面で5秒前〜TIME OVER!とカウントダウンまで流れることに!これはこれで、プレッシャーですよね^^;

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そして今回からイベント広場をはじめパドックや各コーナーに専用の喫煙所や女性用のパウダールーム、さらに授乳室にファミリートイレなどが新設置!今後も同地でレース観戦する際は、かなり活用できそうです!

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

お昼にはピットウォークがこの日も開催!もちろん、昨日を超えるお客様が参加し、満員御礼!
SGTの決勝日はマシンとドライバーが登場するピット前に加え、レースクイーンが並ぶメインストレート側も開放されます。もちろんカメラを持ったRQファンで殺到したんですが、グリッド上も歩くことも滅多にできないので、ここで記念撮影する人も多かったですね。

ということで・・・今年もちょっとだけやりたいと思います。。
サービスカット〜♪

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

開幕戦でも公開された2015年バージョンのコスチューム。今回は暑かったので早くも夏仕様をお披露目するチームもありました。やはり、一番人気はレーシングミクサポーターズさんでしたね!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

レースクイーン目当てとなると、やっぱり男性目線・・・という印象が強いですが、最近は女性のファンの方もレースクイーンに注目している人がけっこう増えてきています!好きなチームを応援している流れでRQもというファンもいれば、サーキットでの触れ合いがきっかけでRQを目指すようになったという子もいるんだとか。今回も、こうして女性ファンの方一眼レフを構えて撮影に加わっているシーンを何度か見かけました(^^)

※番外編※『本日のくま吉(SGT富士編)』

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

昨年も、このヒトコマ集にたくさんのネタを提供していただいたレクサスの応援キャラクターであり、いまや国内レースでは欠かすことが出来ない“ゆるキャラ”として有名の「くま吉」(前置き長っw)今回もしっかりネタを頂いてまいりました!(^^)

まず発見したのは、こちらもご存知「ミシュランマン」。前日の予選ではミシュランタイヤを履くNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がポールポジションだったこともありご機嫌でした!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そこに、はい。くま吉氏登場。

まずは大人しくフォトセッション。するとくま吉の目が段々「食」モードに。。。
「もしや、ミシュランマンを食べたいの?」と聞くと、コクリとうなずき……ガブっ!!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ミシュ:「ぎゃーーやめて!」
くま吉:「いや、食べるまで離さない。」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ミシュ:「私はそんな美味しくないよ!」
くま吉:「いや、めっちゃ美味」
ミシュ:「だってほら!もうすぐグリッドだから、忙しいでしょ!」
くま吉:「まだ時間あるから大丈夫」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

(モグモグ……)
ミシュ:「…………(やや諦めたご様子)」
※会話は全てフィクションです。でも、くま吉が美味しい!とジェスチャーしたのは本当ですw
とりあえず、お二人とも仲が良いことで何より^^;
ミシュラン様、レクサス様、ご無礼いたしました。m(_ _)m

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォークが終わると、いよいよ決勝レースに向けてスタート進行が始まっていきます。各チームも最後の準備に余念がありません。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今回メディアセンターの真下が日産勢のピットでしたが、1号車にはゴールデンウィーク戦恒例となった鯉のぼりが今年もいました!これ、左右で色が違うんです。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

と、となりの3号車のピットを見てみると、ここにも鯉のぼり発見!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

さて、ヒトコマ集(日曜日編)をお送りしてきましたが、今回は500kmレースということと週末盛り上がったということで、グリッドウォーク以降のヒトコマは次回に改めてお届けします!

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る