【SF】2015第2戦岡山:土曜フリー走行は野尻智紀がトップ!可夢偉も好タイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2015年の全日本選手権スーパーフォーミュラ第2戦が岡山国際サーキットで開幕。初日のフリー走行が行われた。

 気温16度で曇り空というコンディションになった岡山国際サーキット。7年ぶりに国内トップフォーミュラの公式戦が行われるとあって、朝から熱心なレースファンがサーキットにかけつけ、フリー走行もスタンドから撮影する姿が観られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ここは3月に合同テストが開催されたが、当時とは異なるコンディション。また開幕戦を経て新たな勢力図が見えているということもあり、1時間かけて各チームが積極的にコースインし周回を重ねた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トップタイムを叩き出したのは野尻智紀(No.40 DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。セッション終盤に1分13秒991を記録。唯一の13秒台となったが、2番手の石浦宏明(No.38 P.MU/CERUMO・INGING)とは0.010秒(1分14秒001)、3番手の山本尚貴(No.16 TEAM無限)とは0.056秒差と、ここ岡山でもトップ争いは大接戦となっている。

 前回は9位フィニッシュとなった小林可夢偉(No.8 KYGNUS SUNOCO TeamLeMans)は、テストで走り込んできたサーキットということもあり、セッション序盤からペースを上げて走行。タイムも1分14秒269で4番手につけ、公式予選に向けて手応えを掴んでいる様子だった。

 今回は残念ながら中嶋一貴が欠場となっているが、こうして可夢偉が加わることによって午後の公式予選は大激戦のタイムアタック合戦が展開されそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る