【F1】2015カナダGP:レースレポート

©Pirelli
©Pirelli

 2015年のF1第7戦カナダGPの決勝が7日、モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットで行われた。

 5月から始まっているヨーロッパラウンドから1戦だけ北米カナダへ移動しての第7戦。予選ではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトラブルによりペースを上げられず、まさかのQ1敗退など波乱も見られた。

 そんな中、フロントローはやはりメルセデスの2台。ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグだ。スタートも難なく決めてワン・ツーでクリアすると、ハミルトンが後続を引っ張っていく形で周回。途中からメルセデス2台がライバルとの差を広げ始め、いつもの独走パターンに持ち込む。

 特にハミルトンの走りは終始安定しており、チームメイトでありチャンピオン争いでも10ポイント差のライバルであるロズベルグに全く隙を与えない。結局、ピットストップの関係は29周目のみトップを譲る形となったが、それ以外は全てラップリーダー。まさに完璧な走りで今季4勝目を飾った。

 前回モナコGPではチームの戦略ミスで勝てるはずだったレースを落としてしまうという悔しい結果に。だが、今回は予選から非の打ち所のない走りをみせ、モナコでのリベンジを果たした。2位にはロズベルグ、3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が続いた。

©Pirelli ©Pirelli
©Pirelli

 モナコGPで初ポイントを獲得したマクラーレン・ホンダ勢。今回も2連連続で入賞といきたかったところだが、またしてもトラブルに悩まされフェルナンド・アロンソは44周、ジェンソン・バトンは54周を終えたところでリタイア。今回も大きな進歩は見られず苦しい週末となってしまった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る