【F1】2015カナダGP:レースレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2015年のF1第7戦カナダGPの決勝が7日、モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットで行われた。

 5月から始まっているヨーロッパラウンドから1戦だけ北米カナダへ移動しての第7戦。予選ではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトラブルによりペースを上げられず、まさかのQ1敗退など波乱も見られた。

 そんな中、フロントローはやはりメルセデスの2台。ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグだ。スタートも難なく決めてワン・ツーでクリアすると、ハミルトンが後続を引っ張っていく形で周回。途中からメルセデス2台がライバルとの差を広げ始め、いつもの独走パターンに持ち込む。

 特にハミルトンの走りは終始安定しており、チームメイトでありチャンピオン争いでも10ポイント差のライバルであるロズベルグに全く隙を与えない。結局、ピットストップの関係は29周目のみトップを譲る形となったが、それ以外は全てラップリーダー。まさに完璧な走りで今季4勝目を飾った。

 前回モナコGPではチームの戦略ミスで勝てるはずだったレースを落としてしまうという悔しい結果に。だが、今回は予選から非の打ち所のない走りをみせ、モナコでのリベンジを果たした。2位にはロズベルグ、3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が続いた。

©Pirelli ©Pirelli
©Pirelli

 モナコGPで初ポイントを獲得したマクラーレン・ホンダ勢。今回も2連連続で入賞といきたかったところだが、またしてもトラブルに悩まされフェルナンド・アロンソは44周、ジェンソン・バトンは54周を終えたところでリタイア。今回も大きな進歩は見られず苦しい週末となってしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る