【2015鈴鹿8耐】公開合同テスト2日目午前:高橋巧が2分07秒847でトップ!ストーナーも09秒台を記録!

©KANSENZYUKU

 2015年の鈴鹿8耐第2回公開合同テストは2日目を迎え、朝から各チームが精力的に周回を重ねている。

 前日は雨に見舞われた鈴鹿サーキット。今朝も雨がパラついていたものの、路面コンディションは徐々にドライに。それと同時にラップタイムも2分10秒台を切っていく。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 その中で速さをみせたのが、前年王者のMuSASHi RT HARC PRO。エースの高橋巧がドライになった途端に一気にペースアップ。朝一番のセッション4で2分09秒343を叩き出すと、続くセッション5で2分07秒847まで伸ばした。チームメイトのマイケル・ファン・デル・マーク、ケーシー・ストーナーも2分09秒台までペースを上げ、3連覇に向けてしっかりとパフォーマンスの高さをアピールした。

 2番手にはNo.12ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンスの津田拓也が2分08秒430を記録。3番手にはNo.104TOHO Racing with MORIWAKIが続いている。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 そして、今回テスト参加に間に合ったNo.17Team KAGAYAMAの清成龍一も本領発揮を発揮。セッション4では高橋巧から僅か0.2秒差のタイムをマークするとセッション5でも2分08秒台を記録。予選では間違いなくトップ争いに絡んできそうな勢いだ。総合5番手につけた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 トップ6チーム(HARC PRO、ヨシムラ、MORIWAKI、KAGAYAMA、Kohara、GREEN)が1秒以内に集結。14時15分から始まる最終のセッション6では天候がやや気になるが、さらに激しいタイムの出し合いが期待できそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る