【F1】訃報:ジュール・ビアンキが死去…事故から9ヶ月、回復叶わず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2014年のF1日本GPで大クラッシュで重篤な状態が続いていたジュール・ビアンキが、17日に亡くなったことが家族からの声明で発表された。享年25歳だった。

雨の中で行われたレース終盤、ダンロップコーナーでコントロールを失いコースオフ。ちょうど前周にクラッシュしたマシンの撤去作業をしていた重機に激突してしまった。かけつけたメディカルチームに救助され、そのまま四日市市の三重県立総合医療センターに搬送。緊急手術後も集中治療室で懸命な治療が行われた。

事故から約1ヶ月半経った11月中旬に容態も安定したため母国フランス・ニースの病院に転院。意識が戻らない日々が続いたが、家族は回復の可能性を信じ、最後までジュールを支え続けた。

F1のレース中に起きた事故で亡くなったのは1994年のアイルトン・セナ以来。マシンやコースの安全面が格段にレベルアップし、ドライバーが大怪我をするケースも減ってきていたが、まだまだF1全体で改善しなければならない点があることは間違いない。

現役時代はマルシャで参戦する傍らでフェラーリの育成ドライバー枠として将来有望なドライバーと注目されていたジュール。早過ぎる死に、家族は声明で「これまでジュールは困難と闘い続けてきたが、それが昨夜終わりを迎えることになった。我々家族は言い表すことができないほどの悲しみと痛みを感じている」とコメントを発表。最後に四日市市、ニースの病院スタッフをはじめ、ここまでビアンキ家族に声援を送り続けた世界中のファンに感謝の気持ちを述べた。

日本でも熱心なファンが多く、どんなマシンでも自在に操る速さをみせていたジュール・ビアンキ選手。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る