【2015鈴鹿8耐】ケーシー・ストーナーがRC213V-Sをライディング!前夜祭は今年も大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 決勝を翌日に控えた鈴鹿サーキットで、今年も恒例の鈴鹿8耐前夜祭が開催。多くのファンで熱気に包まれた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 まず最初は17回目を迎えた「ばいくで会いたいパレード」。今年は全国から580台が参加し、夕暮れの鈴鹿サーキットをパレード。この時間はライダーやチームクルーもリラックスしており、1年に一度の大パレードを歓迎。特に今年から本格導入されている電光掲示板のサインボードにスペシャルメッセージを入れるなどそれぞれのパフォーマンスを披露していた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 今年は「The Supersports〜新時代のマシン〜」と題して、ホンダ「RC213V-S」、ヤマハ「YZF-R1M」、カワサキ「NinjaH2R」が登場。デモ走行担当ライダーとしてケーシー・ストーナー、野左根航汰、柳川明が登場。スペシャルマシンの性能の高さを紹介した。特に鈴鹿では初お目見えとなるRC213V-S。ストーナーは「本当にMotoGPマシンそっくり。バイクのフレームからライディングポジションまでしっかり再現されている。高価だけど買う価値はあるよ」と絶賛していた。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トークショーが終わるとまずはヤマハの野左根が登場。夜の鈴鹿に迫力あるエキゾーストを披露。続いてカワサキ柳川は大パワーのH2Rをアクセル全開。会場からは驚きの声も上がった。そしてオオトリはケーシー・ストーナー。翌日の決勝より一足早くナイトランを披露。こちらもアクセル全開で軽快なサウンドを披露した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そして前夜祭の締めくくりは恒例の花火。満員に埋め尽くされたグランドスタンドのファンは、明日の決勝が素晴らしいものになるよう花火を見ながら願っていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 その後は、8耐恒例のナイトピットウォーク。レースクイーンも特別仕様のコスチュームで登場したり、本番に向けてピットではタイヤ交換練習が行われ、ファンも時間いっぱいまで楽しんでいた。今年もまさに「お祭り」の夜が過ぎていった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る