【SGT】2015第4戦富士:GT300はARTA CR-Z GTが今季初ポールポジション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第4戦富士。GT300クラスはNo.55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)が両セッションとも速さをみせ今季初のポールポジションを獲得した。

GT300も3戦を終え、ランキング首位のNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート/千代勝正)は70kgのウェイトハンデを背負ってのレース。Q1から大きく影響し、10号車のみならずNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠)。更に午前中で2番手につけていたNo.88 マネパランボルギーニ GT3(織戸学/佐藤公哉)もノックアウトされてしまう。しかしQ2進出を果たしたはずだったNo.360 RUNUP Group&DOES GT-R(吉田広樹/田中篤)が4輪がコース外に出ていたとしてベストタイム抹消。これで繰り上がり10号車がQ2への切符を手にし、11番手で予選を終える

第2・3戦でワン・ツーを分け合ったGT-R勢が後方に沈む波乱の中、主導権を握ったのが55号車ARTA CR-Z。Q1で小林が1分37秒797を記録すると、続くQ2の高木も負けじとタイムを更新。一時は1分37秒776を記録したが、これも4輪コース外走行の判定を受けタイム抹消。それでもセカンドベストで1分37秒975があり、今季初ポールポジションとなった。

2番手にはNo.65 LEON SLS(黒澤治樹/蒲生尚弥)、3番手にはNO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)がつけた。また午前中の公式練習でクラッシュを喫したNo.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)はマシンの修復が間に合い、力強い走りを披露。4番手で予選を終えた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る