【SGT】2015第4戦富士:日曜朝はRAYBRIG NSX CONCEPT-GTが好調、フリー走行でトップタイム

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第4戦富士は決勝日の朝を迎えた。富士スピードウェイは昨日以上の晴天に恵まれ、真夏ではあるものの絶好のレース観戦日和。この日を楽しみにしていたファンで朝からサーキットは埋め尽くされている。

朝のフリー走行は30分のみと短いため、各チームが積極的に周回。特に赤旗中断もなく順調にセッションが進んだ。

トップタイムを記録したのはNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)で1分30秒956。ここ2戦連続でリタイアと不運続きの展開が続いているが、昨日の予選では今季初のQ2進出。これまでもレースペースは悪くないだけに、午後の決勝では7番手からどのような追い上げをみせてれるか期待。2番手にはNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)、3番手にはNo.64 EPSON NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)が続き
、昨日とは打って変わりホンダと日産が上位を占めるセッションに。逆にレクサス勢は1分31秒後半で下位に沈んでいる。これもレースを見据えて何かをやっているのか、気になるところだ。

GT300クラスはNo.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)が1分40秒238でトップタイムを記録。前日朝の公式練習でのアクシデントから復活し調子も上げてきている。2番手にはNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)、3番手にはNO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)とJAF-GT勢が上位に食い込んできている。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る