【SGT】2015第5戦鈴鹿:大逆転につぐ大逆転!GAINER TANAX GT-Rが接戦を制し、今季2勝目をマーク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿1000km。GT300クラスは逆転につぐ逆転で、何度もトップ争いのメンバーが入れ替わるレースとなった。

雨の中でスタートした1000km決勝。ポールポジションのNo.2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規/濱口弘)がリードを広げるが、中盤のSC時にピット作業を行ったとして90秒ストップのペナルティ。これが痛手となり後退してしまう。時を同じくして雨が止んでコンディションが変わると、JAF-GT勢が上位に。NO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一/佐々木孝太)とNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)のバトルが白熱するが、31号車がSC中にスピンを喫していたとして、こちらもドライブスルーペナルティを受け後退してしまう。

これで61号車スバルBRZが有利になったかと思われたが、終盤になりFIA-GT3勢が追い上げを開始。第2戦で優勝、第3戦で2位に入りランキング首位を快走中の10号車ゲイナーGT-Rと、毎戦確実に上位に入ってきているNo.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)が迫り、100周を過ぎてからトップ3がテール・トゥ・ノーズのバトルを繰り広げた。最終的にトップ争いからBRZが脱落。10号車の千代と7号車のミューラーによる世界レベルの白熱したドッグファイトにスタンドのファンも釘付け。ミューラーも最後の最後までチャンスを探ったが、千代がギリギリのところ踏ん張りチェッカー。10号車が今季2勝目を挙げた。2位には7号車BMW、3位には61号車スバルBRZが入った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今回は激戦が予想されたGT300だったが、それ以上にトップ争いが白熱。5時間40分以上にわたって目が離せないレースとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る