【2015F1日本GP】今年も全ドライバー出席のサインは超大盛況!ベッテル、バトンらが「ガンバリマス!」とファンに挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

鈴鹿サーキットで開幕した2015F1日本グランプリ。木曜の大人気イベントであるドライバーサイン会が今年も行われ、大盛況となった。

午前中のピットウォークに参加したファンの中から抽選で当選した一部のファンが参加可能のもの。しかしドライバーの指定は出来ず完全にランダムである。今年もあいにくの雨となってしまったが、グランドスタンドには当選したファンだけでなく、落選したファンもドライバーを一目見ようと満員に。この熱い気持ちはドライバーにも届き、初めて鈴鹿を走るフェリペ・ナスル(ザウバー)は「こんな雨の中なのに集まってくれる皆さんは素晴らしい」と驚いた様子。パストール・マルドナード(ロータス)も「日本のファンは世界でナンバー1だ!」と絶賛していた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また日本GP前から引退の噂が高まっているジェンソン・バトン(マクラーレン)は、笑顔で登場。直前のプレスカンファレンスでも引退に関する発言はなかったが、集まってくれたファンの前で「僕にとって日本は第2の母国レース。そして、この胸にあるホンダのエンブレムを背負って、全力で戦うよ!ガンバリマス!」と力強く語り、健闘を誓った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今年のオオトリで登場したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。赤いユニフォームで鈴鹿に登場するのは初めてだが、鈴鹿でのレースは早くも7回目。日本語の挨拶も少しずつ流暢になっており、彼も「ガンバリマス!アリガトウ!」と笑顔で挨拶。最後は最前列のファンにサイン入りカードを笑顔で配り、早くも鈴鹿サーキット全体が悪天候を吹き飛ばす勢いの熱気に包まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る