【2015F1日本GP】メインステージに現役ドライバーが続々登場!大盛況の予選日は54,000人が来場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 昨日までの雨から一転し晴天に恵まれた2015F1日本グランプリ予選日。今日から観戦というファンも多く54,000人が来場し、サーキット全体は盛況となった。

 今年はセッション以外の時間で現役ドライバーがトークショーに参加しGPスクエアは終日大盛況の1日となった。

©K.Oda/KANSENZYUKU ©K.Oda/KANSENZYUKU

©K.Oda/KANSENZYUKU ©K.Oda/KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 まずはフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが参加。事前に子供たちから募集した質問に積極的に答えてくれ、2人とも笑顔でトークショーに参加してくれた。予選を終えた夕方にはレッドブルのダニエル・リカルドが登場。子供からの「ハンドルのボタンを押し間違えたことはありませんか?」という質問に、リカルドは「あるよ」と苦笑い。どうやらピットレーンでのスピードリミッターボタンを押す際に誤ってギアをニュートラルにしてしまったとのこと。「本番のレース中でなかったのが幸いだったね」と、普段では聞けない失敗談も披露された。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 夜にはメルセデスのルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグも参加。さらに前日中止になってしまったウイリアムズのフェリペ・マッサ、バルテリ・ボッタスのアピアランスも実現。どれも大盛況のステージとなった。

 明日はいよいよ最終の決勝日。12時30分からドライバーズパレードが開催され、14時00分から決勝レースがスタート。今回も53周で争われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る