【東京モーターショー2015】久しぶりに現行F1マシンがモーターショーに登場、その他レースマシンも多数展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日に東京ビッグサイトで開幕した第44回東京モーターショー2015に、2台のF1マシンが展示されている。モーターショーで現行モデルのF1マシンが登場するのは、会場を東京ビッグサイトに移して以降では初めてとなる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

まずはホンダブース。今季はフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンがドライブするマクラーレン・ホンダ『MP4-30』だ。ショーカーであるため、フロントノーズは開幕戦仕様のバージョンだが、2月にホンダウェルカムプラザ青山で展示されたのとは異なり、黒をベースにした最新のカラーリングとなっている。またプレスカンファレンスでもお披露目された新型NSXやシビックTYPE R、さらにMotoGPバイクをそのまま市販仕様にした「RC213V-S」なども展示。レースファンにとっても必見のブースとなっている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

隣のメルセデス・ベンツのブース。前回と比べると約2倍近い展示スペースを用意し、コンセプトモデルから市販モデル。AMGシリーズに加え、来季からレースデビュー予定のAMG GT3のマシンも展示されている。そのメルセデスブースの玄関口に2014年のルイス・ハミルトンのチャンピオンマシン「F1 W05 Hybrid」を展示。こちらもショーカーではあるが、彼のカーナンバーである44番が入った仕様。こちらも間近で見ることができる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

前述でも触れたとおり、現行モデルF1マシンが東京モーターショーで展示されるのは、東京ビッグサイトでは初。幕張メッセ時代まで遡っても、2007年のホンダ「RA107」以来と言っても良いかもしれない。その他にもブリヂストンブースには佐藤琢磨が駆るAJフォイトレーシングのインディカーや、アウディにはWECで活躍中のR18 eトロン クワトロも展示。またホンダ、ヤマハ、スズキではMotoGP™バイクも展示されている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

近年はエコカーやハイブリッド車、さらには燃料電池車など未来を見据えたクルマの展示がメインになってきているが、今回の東京モーターショーでは昔ながらの「カッコいいクルマやバイク」が各メーカーのブースに復活してきている印象があり、例年以上に一つ一つのブースを見て回る価値がありそうだ。

一般公開日は10月30日から11月8日まで開催。混雑も予想されるが、クルマ好きのみならずモータースポーツファンにとっても見逃せない1週間となりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る