【SGT】2015第7戦オートポリス:12号車インパルが待望の今季初ポールポジションを獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 2015年のSUPER GT第7戦オートポリス。注目の公式予選が31日に行われた。

 標高が高い場所にあるオートポリスはすっかり秋も深まり朝晩は冷え込みが厳しいほど。予選時も晴天に恵まれたものの、気温12度、路面温度25度というコンディションになった。

 8ポイント以内に6台がひしめく激しいチャンピオン争いが繰り広げられているGT500クラス。No.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)以外は燃料リストリクター制限が外れたが、逆に上位メンバーは40kg台と重いハンデに苦しめられてしまい、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)、No.46 S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)が相次いでQ1敗退となる。

 そんな中、Q1で速さをみせたのがNo.24 D’Station ADVAN GT-Rの佐々木大樹。1分33秒176を叩き出しトップ通過。今週末はヨコハマタイヤ勢の調子が良くNo.19 WedsSport ADVAN RC F(脇阪寿一/関口雄飛)も4番手でQ2進出する。

©H.Yoshii ©H.Yoshii
©H.Yoshii

 ポールポジションが決まるQ2。ここで速さをみせたのがランキング首位で唯一燃料リストリクターが付いている12号車。実は前回SUGOでのペナルティポイント累積により、安田が公式練習全てで走行禁止。オリベイラのみがマシンのセットアップに専念した。予選Q1ではぶっつけ本番となった安田だが、きっちりと3番手タイムをマーク。オリベイラにバトンを渡すとQ2で渾身のアタックを披露し、1分32秒835をマーク。従来のコースレコードを大きく更新するとともに暫定トップに浮上する。ライバルもタイム更新を狙うが1分33秒台が精一杯でオリベイラを上回ることができない。Q1トップ通過を果たしたクルムも1分33秒564と伸びず4番手に終わる。

©H.Yoshii
©H.Yoshii

 結局トップが入れ替わることがないままチェッカーとなり、12号車が今季初のポールポジションを獲得。2番手にNo.38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)、3番手にNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る