【東京モーターショー2015】“ホンダの赤いエンブレムが帰ってきた”…限定販売のシビックTYPE Rが展示中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日から東京ビックサイトで開催されている第44回東京モーターショー2015のホンダブースに日本で限定販売される「シビックTYPE R」が展示されている。日本の市場に“ホンダの赤いエンブレム”が帰ってきた。

ホンダ車の中でも特に走りに追求して開発される「TYPE R」。通常のモデルとは異なり、赤色のエンブレムと、ボディカラーにはTYPE Rのみに使用される「チャンピオンシップホワイト」が選択可能となる。

TYPE Rシリーズが登場したのは1992年のNSX TYPE R」が最初。その後「インテグラ」、「シビック」でもTYPE Rモデルが登場。当時のクルマ好きから注目集め、またスポーツカーファンやレースファンにとっても“憧れのモデル”として記憶に残っている方も多いだろう。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

日本では2007年に発売開始されたセダンのFD2型以降、日本でのTYPE Rモデルの販売は途絶え、さらにリーマン・ショック等の影響もありホンダのみならず世界的にスポーツカーの開発・生産にブレーキがかかってしまった。

しかし、水面下では「TYPE R」の歴史は止まってはおらず、ドイツのニュルブルクリンクをはじめとした各サーキットでテストが繰り返され、2012年から参戦を開始しているWTCC(世界ツーリングカー選手権)のベース車両として誕生。過酷なWTCCの世界で磨き上げられたスポーツモデルの技術が惜しみなく注ぎ込まれた市販モデルが、今回東京モーターショーで国内発公開となった新型シビックTYPE Rなのだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

もちろん、心臓部となるエンジンにはシビックTYPE Rとともに進化してきた「VTECシリーズ」が搭載。現在の流行でもある「ダウンサイジング・ターボ」に合わせて2.0リットル直列4気筒ターボのレイアウトで、最大出力は310PS、最大トルクは40.8kgf・mを発揮する。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日のプレスカンファレンスで挨拶したホンダの八郷社長も「身近な量産車であるシビックにありったけのスポーツDNAを注ぎ込んだモデル。歴代最高のシビックTYPE Rに仕上がりました。まさにホンダが目指した走りを極める志の具現化です」と自信満々に紹介。国内では750台限定で価格は428万円(税込)。11月23日まで公式サイトで「商談申込み受付」を行っており、販売台数の上限を超えた場合は抽選となる予定だ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

すでに一般公開が始まっている東京モーターショーの会場でも展示中。TYPE Rしか身にまとうことが許されない「ホンダの赤色のエンブレム」と「チャンピオンシップホワイト」が、久々にスポーツカーファン目の前に帰ってきた。一般公開は11月8日(日)まで開催。間近で車両を見られる数少ないチャンスとなっている。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  2. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…
  3. 鈴鹿サーキットで行われた2017年のスーパーフォーミュラ第1回合同テスト。2日目午後のセッシ…
  4. 2017年のスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。注目のGP2王者ピエール・ガスリー(TEAM…
  5. 鈴鹿サーキットでの2017スーパーフォーミュラ合同テスト1日目で、アンドレ・ロッテラー(VA…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る