【東京モーターショー2015】“ホンダの赤いエンブレムが帰ってきた”…限定販売のシビックTYPE Rが展示中

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日から東京ビックサイトで開催されている第44回東京モーターショー2015のホンダブースに日本で限定販売される「シビックTYPE R」が展示されている。日本の市場に“ホンダの赤いエンブレム”が帰ってきた。

ホンダ車の中でも特に走りに追求して開発される「TYPE R」。通常のモデルとは異なり、赤色のエンブレムと、ボディカラーにはTYPE Rのみに使用される「チャンピオンシップホワイト」が選択可能となる。

TYPE Rシリーズが登場したのは1992年のNSX TYPE R」が最初。その後「インテグラ」、「シビック」でもTYPE Rモデルが登場。当時のクルマ好きから注目集め、またスポーツカーファンやレースファンにとっても“憧れのモデル”として記憶に残っている方も多いだろう。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

日本では2007年に発売開始されたセダンのFD2型以降、日本でのTYPE Rモデルの販売は途絶え、さらにリーマン・ショック等の影響もありホンダのみならず世界的にスポーツカーの開発・生産にブレーキがかかってしまった。

しかし、水面下では「TYPE R」の歴史は止まってはおらず、ドイツのニュルブルクリンクをはじめとした各サーキットでテストが繰り返され、2012年から参戦を開始しているWTCC(世界ツーリングカー選手権)のベース車両として誕生。過酷なWTCCの世界で磨き上げられたスポーツモデルの技術が惜しみなく注ぎ込まれた市販モデルが、今回東京モーターショーで国内発公開となった新型シビックTYPE Rなのだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

もちろん、心臓部となるエンジンにはシビックTYPE Rとともに進化してきた「VTECシリーズ」が搭載。現在の流行でもある「ダウンサイジング・ターボ」に合わせて2.0リットル直列4気筒ターボのレイアウトで、最大出力は310PS、最大トルクは40.8kgf・mを発揮する。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

28日のプレスカンファレンスで挨拶したホンダの八郷社長も「身近な量産車であるシビックにありったけのスポーツDNAを注ぎ込んだモデル。歴代最高のシビックTYPE Rに仕上がりました。まさにホンダが目指した走りを極める志の具現化です」と自信満々に紹介。国内では750台限定で価格は428万円(税込)。11月23日まで公式サイトで「商談申込み受付」を行っており、販売台数の上限を超えた場合は抽選となる予定だ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

すでに一般公開が始まっている東京モーターショーの会場でも展示中。TYPE Rしか身にまとうことが許されない「ホンダの赤色のエンブレム」と「チャンピオンシップホワイト」が、久々にスポーツカーファン目の前に帰ってきた。一般公開は11月8日(日)まで開催。間近で車両を見られる数少ないチャンスとなっている。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る