【SF】2015鈴鹿メーカーテスト:バンドーンがついに登場、ダンディライアン40号車をドライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 25,26日にかけて鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラのメーカー・ルーキーテストが開幕。GP2王者のストフェル・バンドーンはダンディライアンの40号車に乗り込みテストに臨んでいる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今回は恒例のルーキーテストも兼ねているが、来季からワンメイク供給されるヨコハマタイヤでの初テストということもあり、アンドレ・ロッテラー、中嶋一貴など普段は11月テストに参加しないメンバーも登場。結局エントリーリストは今季参戦していたメンバーが大半を占めている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ARTのレーシングスーツ姿で登場したバンドーンは早速マシンに乗り込みコースイン。チェック走行を行いながら少しずつ周回数を伸ばしていっている。また41号車にはジャズマン・ジャファーがドライブ。なお26日にはバンドーンに代わって40号車をドライブし、41号車にはステファノ・コレッティが乗り込む。このため、今季2回表彰台を獲得した野尻智紀はテストに参加しないこと明らかとなった。

 また、当初予定されていたものと変更があるチームもあり、11号車REAL RACINGには金石年弘が最初のセッションをドライブ。ロイック・デュバルが7号車チームルマンのマシンには平川亮が最初のセッションを担当している。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そして興味深かったのは初のシリーズチャンピオンを獲得した石浦宏明が所属するセルモ・インギング。石浦が39号車をドライブし、逆に国本がチャンピオンマシンである38号車で走行。こちらも来年に向けて何らかのテストを行っているようだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 午前のセッションは11時30分まで行われ、午後は13時30分〜16時00分まで走行が予定されている。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 今年で101回目を迎えた伝統のレースイベント「インディ500」で、佐藤琢磨(アンドレッティ・…
  2. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  3. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  4. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  5. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る