【SGT】ホンダ、2016年体制を発表、17号車に小暮が移籍し必勝体制へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ホンダは12日、都内で2016年の国内モータースポーツ体制発表を行い、今季のSUPER GTラインナップを明らかにした。

 今年もGT500にはNSX CONCEPT-GTで5台体制でエントリーするが、バッテリー供給等の問題が発生し、今年はNSX CONCEPT-GTの特徴でもあったハイブリッドシステムを非搭載にして参戦することが公表された。

 またドライバーズラインナップでも、サプライズが。シーズンオフの間はシャッフルが予想されていたが、5チーム中3チームが昨年とのコンビを続投。陣営で唯一勝利を挙げた100号車チームクニミツは山本尚貴/伊沢拓也。8号車ARTAは松浦孝亮と野尻智紀のコンビで継続。64号車ナカジマレーシングも中嶋大祐とベルトラン・バケットで続投となる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 残り2チームはドライバーを入れ替える形でラインナップを変更。なんと動きはないとみられていた15号車ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシングから参戦していた小暮卓史がチームを移籍。金石勝智監督率いるケーヒン・リアル・レーシングで塚越広大とのコンビが誕生することになった。そして15号車には武藤英紀が入り、引き続き参戦するオリバー・ターベイが乗り込むことになった。

 塚越と小暮は、これまで同じホンダ勢の中でも群を抜く速さを見せていたとともに、ライバルとして火花を散らしてきたことも多々あった。その2人が今年はタッグを組むとなれば、100号車の山本/伊沢とともにライバルのレクサス・日産勢から見ても厄介な存在になることは間違いないだろう。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 GTプロジェクトリーダーの松本雅彦氏も「今年はNSX COCEPT-GTにとって正念場の年になるだろう」とコメント。何としてもチャンピオンを奪還すべく、ドライバー面、マシン面ともに必勝体制で2016シーズンに臨む。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  2. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…
  3. 鈴鹿サーキットで行われた2017年のスーパーフォーミュラ第1回合同テスト。2日目午後のセッシ…
  4. 2017年のスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。注目のGP2王者ピエール・ガスリー(TEAM…
  5. 鈴鹿サーキットでの2017スーパーフォーミュラ合同テスト1日目で、アンドレ・ロッテラー(VA…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る