【SF】GP2王者ストフェル・バンドーンの参戦が決定!ホンダの2016SF参戦体制が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ホンダは12日、都内で2016年の国内モータースポーツ体制発表を行い、今季のスーパーフォーミュラのドライバーラインナップを発表した。

 今年も昨年同様に5チーム8台にエンジンを供給。昨年のテストで2台体制で走っていたTEAM無限は16号車の山本尚貴1台のみだった。

 注目はやはり、昨年のGP2王者であるストフェル・バントーンはダンディライアンからフル参戦が正式決定。野尻智紀とともに2016シーズンを戦う。残念ながら今回は都合のため欠席だったが、彼が超ハイレベルなカテゴリーでどんな走りを見せるのか楽しみなところだ。

 それ以外は特にドライバーの変更はなく、リアル・レーシングは10号車が塚越広大、11号車が伊沢拓也。昨年からフルエントリーしているドラゴ・コルセは小暮卓史が引き続き残留。ナカジマレーシングも中嶋大祐(64号車)とベルトラン・バケットが引き続きステアリングを握る。

 会場には2016年仕様のカラーリングが施された山本尚貴の16号車TEAM無限のマシンが展示され、タイヤは今年から全チーム供給を開始するヨコハマタイヤが装着されていた。今年はタイヤメーカーが全車変わることによって勢力図も大きく変わることが予想される。

 プロジェクトリーダーの佐伯昌浩氏は「昨年以上にパワーアップを目指し、扱いやすいエンジンを開発したい」と意気込みを語った。

 車体、エンジンともに新規定に変わってからトヨタにチャンピオンを取られ続けているだけに、SUPER GT同様「今年こそ」という意気込みで2016シーズンに臨む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  2. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  3. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  4. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  5. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る