【F1】ハースF1チームが始動!初代マシン「VF-16」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©HaasF1Team
©HaasF1Team

 2016年から新しくF1世界選手権に参入するハースF1チームが21日、チームの公式サイトで記念すべき1代目のマシン「VF-16」を公開した。

 アメリカを拠点にするチーム。以前インディカー・シリーズなどで活躍したニューマン・ハース・レーシングとは別関係のチームで、ジーン・ハースにより創設された新規チームだ。ドライバーもF1で表彰台経験のあるロマン・グロージャンと、こちらもザウバー時代がアグレシッブな走りに定評があったエステバン・グティエレス。パワーユニットはフェラーリ製で、セミワークス体制とも噂されるほど関係性は濃いものになっているようだ。

 今回アンベールされたマシン「VF-16」は、チームカラーのグレーと赤、そしてダークグレーが入った3色構成。各所には「HAAS」のロゴが大きく目立っているほか、チームの本拠地があるアメリカ合衆国の国旗も見られる。

©HaasF1Team ©HaasF1Team

 もちろん、初代のマシンであるため前作等との比較はできないが、基本的にはショートノーズや大きく絞り込んだリアセクション。その他、各エリアには細かな空力パーツが装着されている。特に目立った特徴がないシンプルなデザインだ。

 早速、チームは22日からのバルセロナテストに参加予定。いきなり、ライバルチーム相手にどんなタイムを出すのか、注目が集まりそうだ。

ハース「VF-16」紹介動画(動画:HaasF1Team)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る