【F1】いよいよ2016プレシーズンテストが今日からスタート!今季はどのチームが最速なのか?

©Pirelli
[昨年のバルセロナテストの様子(©Pirelli)]

 現地時間の今日22日からスペインのバルセロナにあるカタロニア・サーキットでF1公式合同テストが開幕。待ちに待ったF1の2016シーズンが本格始動する。

 今年はハースF1が新たに加わり全11チーム22台のエントリーになる予定。すでに前日までにルノー、ウイリアムズ、フェラーリ、メルセデス、マクラーレン、ハースが新車発表を終えており、さらにバルセロナ現地でも初日の走行前に新車発表を控えているチームも多数いる。

 2016年は例年になくドライバー移籍が少なく、ほぼ全チームが昨年と同じドライバーズラインナップで参戦。しかし「打倒メルセデス」を合言葉に特にフェラーリやウイリアムズ、レッドブルなどがマシンのパフォーマンス向上に力を入れてきた。それがうまく機能するのか否か、今日からのテストで明らかになる。

 今年は2月初旬のヘレステストがなくなり、バルセロナでの8日間(4日×2回)と走行時間が限られている。そのため、マシンが完成した時に持っているポテンシャルがシーズン前半の勢力図になると言っても過言ではない。それらを見極める上で、今日22日の「テスト初日」のリザルトに注目が集まるのだ。

 昨年はフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。結果、シーズンに入ると2014年の不振を跳ね返すような快進撃をみせた。果たして今年はどのチームがどんな速さをみせるのか、非常に楽しみなところだ。

 そして日本のファンにとしては、マクラーレン・ホンダの仕上がり具合も気になるところ。21日に大幅な改良が施された「MP4-31」を公開。パワーユニットはもちろん、車体面も大きく変更されている。昨年のテスト初日ではわずか5周しか走れず、1日で100周走破に漕ぎ付けるのに、かなりの時間を要してしまった。

 今年は大きなトラブルなく初日を終えることができるのか、そしてライバルとのタイム差はどれほどのものになっているのか。初日のセッションが終わるのは日本時間の深夜になるが、ファンの皆様としてはその結果が非常に待ち遠しいところだろう。

 なお、カタロニアサーキットの公式Twitterによると、テスト期間中の担当ドライバー振り分けは以下の通りとなっている。

2016F1バルセロナテスト参加ラインナップ

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る