【F1】2016バルセロナテスト(前半)3日目:ヒュルケンベルグがトップ!他チームではトラブル続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 スペインのカタロニア・サーキットで行われているF1プレシーズン合同テスト。24日は3日目のセッションが行われ、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)が1分23秒110でトップタイムを記録した。

 第1回目のバルセロナテストは、この日から後半戦。ここで担当ドライバーを入れ替えるチームが多く、フェラーリはセバスチャン・ベッテルからキミ・ライコネンへ。ウイリアムズもバルテリ・ボッタスに代わりフェリペ・マッサが2016年初のテスト走行に臨んだ。その他にも今日からテストスタートのドライバーが何人かいた。

 2日連続トップタイムのベッテルからマシンを引き継いだライコネンだったが、朝から予想外の事態が発生。燃料システム系のトラブルで午前中の大半をピットで過ごすことになってしまったのだ。ようやくお昼前に修復を終えてコースインするものの、タイミングが悪く赤旗になるなど満足に走れず午前中はなんとノータイム。それでも午後は1レース分をきっちり走り込み3番手タイムを記録した。

 今年はここまで順調だったマクラーレン・ホンダにもトラブルが襲う。この日はジェンソン・バトンが担当。午前は45周を難なくこなしていたが、午後に入って油圧系のトラブルが発生。わずか6周しか走れず、早々と3日目のテストを終えることになってしまった。なお明日の走行に関しては影響はない様子。ここまで1レース以上の距離を走破してきていただけに勿体無いセッションとはなったが、今のうちにトラブルを出し尽くして開幕戦に臨みたいところだろう。

©Pirelli ©Pirelli

©Pirelli ©Pirelli
©Pirelli

 そんな中でトップタイムを記録したのはニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)。スーパーソフトを履いていたことと燃料が軽めだったこともあり1分23秒110までタイムが伸びた。2番手には新規チームのハースF1。ロマン・グロージャンが1分25秒874で続いた。3番手にはライコネンで、トラブルから挽回をみせ1分25秒977を記録している。

 この他にもワークス復帰を果たすルノーのケビン・マグヌッセンが4番手にくるなど、初日と2日目に比較的苦労していたチームが上位にきた3日目となった。

Pos.DriverTeamTimeGapLaps
1ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア1分23秒11099Laps
2ロマン・グロージャンハース1分25秒874+2.76482Laps
3キミ・ライコネンフェラーリ1分25秒977+2.86778Laps
4ケビン・マグヌッセンルノー1分26秒014+2.904111Laps
5ニコ・ロズベルグメルセデス1分26秒084+2.97474Laps
6カルロス・サインツJrトロ・ロッソ1分26秒239+3.129161Laps
7フェリペ・ナスルザウバー1分26秒392+3.282115Laps
8ルイス・ハミルトンメルセデス1分26秒421+3.31188Laps
9ダニール・クビアトレッドブル・レーシング1分26秒497+3.38774Laps
10フェリペ・マッサウイリアムズ1分26秒712+3.602109Laps
11ジェンソン・バトンマクラーレン1分26秒919+3.80951Laps
12リオ・ハリアントマノー1分28秒249+5.13978Laps
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER GTに参戦するGAINERは21日、2017年の参戦体制を発表した。 20…
  2. 鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  3. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  4. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…
  5. ©T.Yoshita/KANSENZYUKU 昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る