【F1】2016バルセロナテスト(後半)4日目:ベッテルが最速、フェラーリが8日中5日でトップ

©Pirelli

 スペインのカタロニア・サーキットで開催されていたF1のプレシーズンテストは最終日を迎え、この日もフェラーリが速さを堅持。セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 前日のキミ・ライコネンと同様に最初の1周は導入が検討されている「ハロ」をテスト。その後も大きなトラブルなく順調に周回。1分22秒スーパーソフトタイヤで記録した。これでフェラーリは8日中5日のセッションでトップタイムをマーク。全体の総合タイムでもライコネンがトップ、ベッテルが2位という結果になった。

 一部では「メディア向けのパフォーマンス」という見方もあるが、マシンが良くなっているのは明らかな様子。少なからずメルセデスとんギャップは縮まり始めているようだ。

 追われる立場であるメルセデス勢は、2回のテストの中で初めて大きなトラブルが発生。トランスミッションのトラブルで午前中にルイス・ハミルトンがコース上でマシンを止めてしまった。その後、修復されて午後担当のニコ・ロズベルグが走行を再開したが、満足にタイムを出すことができず終了。いくらマイレージ稼ぎで様々なテストを行ってきたといっても、トップタイムはわずか1日のみ。背後に迫るフェラーリ勢の影を気にしている様子だった。

 なお最終日は2番手にカルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)、3番手にニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)が入った。

 マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンが最終日を担当。121周を走り1分24秒714で7番手につけた。リークトラブルなどで一時は走れない日もあったマクラーレンだが、順調にマイレージを稼げた様子。ただ速さという点では一歩足りないというのが正直な印象で、Q3進出が大きな壁になりそうな雰囲気だ。

 これでシーズン前のテストは全て終了。3月18〜20日にオーストラリア・メルボルンで開幕戦を迎える。

[table id=32 /]

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. 2023年のAUTO BACS SUPER GT ROUND6『SUGO GT 300km…
  2. いよいよ開幕を迎える2023F1日本グランプリ。現地観戦の準備は進んでいますでしょうか? こ…
  3. いよいよ開幕を迎える2023F1日本グランプリ。現地観戦の準備は進んでいますでしょうか? こ…
  4. 鈴鹿サーキットではF1当日の前売り駐車券を販売していますが、狭き門のため確保できなかった人…
  5. 今年も開催されるF1日本グランプリ。すでにチケットの購入を済ませている方、これからという方の…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る