【F1】2016バルセロナテスト(後半)4日目:ベッテルが最速、フェラーリが8日中5日でトップ

©Pirelli

 スペインのカタロニア・サーキットで開催されていたF1のプレシーズンテストは最終日を迎え、この日もフェラーリが速さを堅持。セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 前日のキミ・ライコネンと同様に最初の1周は導入が検討されている「ハロ」をテスト。その後も大きなトラブルなく順調に周回。1分22秒スーパーソフトタイヤで記録した。これでフェラーリは8日中5日のセッションでトップタイムをマーク。全体の総合タイムでもライコネンがトップ、ベッテルが2位という結果になった。

 一部では「メディア向けのパフォーマンス」という見方もあるが、マシンが良くなっているのは明らかな様子。少なからずメルセデスとんギャップは縮まり始めているようだ。

 追われる立場であるメルセデス勢は、2回のテストの中で初めて大きなトラブルが発生。トランスミッションのトラブルで午前中にルイス・ハミルトンがコース上でマシンを止めてしまった。その後、修復されて午後担当のニコ・ロズベルグが走行を再開したが、満足にタイムを出すことができず終了。いくらマイレージ稼ぎで様々なテストを行ってきたといっても、トップタイムはわずか1日のみ。背後に迫るフェラーリ勢の影を気にしている様子だった。

 なお最終日は2番手にカルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)、3番手にニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)が入った。

 マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンが最終日を担当。121周を走り1分24秒714で7番手につけた。リークトラブルなどで一時は走れない日もあったマクラーレンだが、順調にマイレージを稼げた様子。ただ速さという点では一歩足りないというのが正直な印象で、Q3進出が大きな壁になりそうな雰囲気だ。

 これでシーズン前のテストは全て終了。3月18〜20日にオーストラリア・メルボルンで開幕戦を迎える。

[table id=32 /]

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る