【SGT】2016富士公式合同テスト:1日目午後は僅差の争いに!ZENT CERUMO RC Fが最速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Saori Nakagawa
©S.Nakagawa

 富士スピードウェイで開催されているSUPER GT公式合同テスト。1日目午後はNo.38ZENT CERUMO RC Fがトップタイムを記録した。

 午前は一部ウエットコンディションだったが、午後は完全ドライに。しかし風は冷たく非常に冷え込んだコンディションとなった。午前で各車走り込みをしているため、午後は早い段階からタイムを続々と更新。午前は日産勢の速さが目立ったが、午後は逆にレクサス勢が上位を占め、セッション中盤ではトップ4がレクサス勢という時間帯もあった。

 その中でも抜群の速さを見せたのが38号車のセルモ。立川祐路が1分27秒936をマーク。午前中のトップタイムをさらに更新した。このセッションでは終盤に専有走行時間が設けられ、予選シミュレーションの期待も高まったが、気温・路面温度ともに低いコンディションとなり、そこまで激しく順位の変動はなかったが、今季注目のドライバーたちがタイムを詰めていく。まずは参戦2年目となるNo.39DENSO KOBELCO SARD RC Fのヘイキ・コバライネンが区間ベストを上回る勢いでアタック。0.088秒差に迫る1分28秒024をマーク。そこにNo.12カルソニックIMPUL GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラも食い込み、1分27秒938を記録。立川のトップタイムにわずか0.002秒差のタイムと叩き出し、2番手の座を奪った。翌周もオリベイラはアタックを続け、途中までは全体ベストのペースだったが、最終セクターが伸びなかった。ここでチェッカーフラッグとなり、初日トップは38号車。2番手に12号車、3番手39号車となった。

 日産勢とレクサス勢が上位を独占したがNo.17KEIHIN NSX CONCEPT-GTも5番手タイムを記録。岡山のテストでは苦しんでいた部分もあったが、ここに来て手応えをつかんだ様子。シリーズ戦の時のようにさらに気温が上がっていけば、さらにライバルとの差は近づいてくのではないかと、塚越広大と小暮卓史は語っていた。

 またGT300クラスは午前に引き続きNo.3 B-MAX NDDP GT-Rがトップタイム。午後は今季SGTにデビューするヤン・マーデンボローが主にテストを担当。昨年第2戦で記録されたタイムを上回る1分36秒151を記録。一番のライバルとなる新型GT3勢に約1秒近い差をつけた。2番手にはNo.88マネパランボルギーニGT3、3番手にはNo.7Studie BMW M6が続いた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  2. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  3. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  4. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…
  5. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る