【SGT】36号車トムス、新スポンサーと契約し待望のニューカラーをお披露目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 SUPER GTのGT500クラスに参戦するトムスは、新しくKDDI株式会社とスポンサー契約を結び、36号車の新しいカラーリングを富士合同テストでお披露目した。

 昨年までペトロナスカラーで定着していた36号車だったが、昨シーズンを持って契約終了。新しいスポンサー、およびカラーリングに注目が集まっていたが、先日の岡山テストではスポンサーロゴのない暫定カラーで走行していた。

 富士テストの前日にリリースが発表され、auカラーのマシンも公開。一般のファンの前での走行は今回が初となった。約10年前にもauカラーのマシン(当時はスープラ)が参戦していたこともあり、ファンの中にはauカラーを“復活”と捉えている人も少なくない模様。それでも昨年までの36号車とは異なるauのオレンジ色が大きくデザインされているため、これまでとは全く違った印象を与えていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 KDDI株式会社の田中孝司社長は「このたび、国内最大のGTレースにおいて、「LEXUS TEAM TOM’S」をサポートすることができて、大変興奮しております。KDDIは、これまでもSUPER GTの前身である全日本GT選手権をはじめ、モータースポーツの最高峰であるフォーミュラ・ワンに参戦したトヨタF1チームのスポンサーになるなど、モータースポーツとかかわってきました。技術革新が目まぐるしく変化する競争環境には、通信事業と同じ感覚を覚えます。このような同じ境遇の同志として、「LEXUS TEAM TOM’S」を応援していきます」とプレスリリースでコメントを発表。

 トムス代表取締役会長の舘信秀氏も「この度、KDDI株式会社様のご支援を受け「au」カラーでスーパーGT選手権に参戦できることを非常に光栄に思います。ご期待にお答えするべく「au TOM’S RC F」の速さを遺憾なく発揮し、シリーズチャンピオンの獲得を目指し、みんなが「英雄」になれるよう精進する所存でございます」と今季の意気込みを語った。

 今シーズン、王座奪還を目指す名門トムス。開幕戦から新カラーリングのマシンに注目が集まりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER GTに参戦するGAINERは21日、2017年の参戦体制を発表した。 20…
  2. 鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  3. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  4. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…
  5. ©T.Yoshita/KANSENZYUKU 昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る